「殺してやる」「偉そうに」エムバペとジョルディがピッチで大喧嘩! バルサ対パリSG戦での“物騒すぎる”口論が明るみに

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年02月18日

カンプ・ノウでパリSGが快勝した一戦で…

フィールドで激しい言い合いを繰り広げたジョルディ(左)とエムバペ。 (C)Getty Images

画像を見る

 新型コロナウイルスの影響で無観客開催となり、時折聞こえるようになった試合中の声にメディアが食いつくケースは少なくない。

 バルセロナが本拠地カンプ・ノウでパリ・サンジェルマンに1-4で完敗した2月16日のチャンピオンズ・リーグ(CL)ラウンド・オブ16第1レグでも、劣勢にあったバルサのジェラール・ピケとアントワーヌ・グリエーズマンが、汚い言葉を使いながら言い争っていたことが報じられている。

 だが、この試合では、ほかにも強烈な言葉の応酬があったようだ。スペイン紙『MARCA』などによると、パリSGのキリアン・エムバペが、バルサのジョルディ・アルバに対し、穏やかでないフレーズを口にしていたという。
 
 テレビカメラがとらえた映像を基に『MARCA』が伝えたところによれば、エムバペが「完璧なスペイン語」(MARCA紙)でセルジーニョ・デストに「オレに触るな」と苛立ちを見せると、ジョルディが「謝ったじゃないか。自分のIDを見ろ。偉そうに」と怒りをぶつけた。

 これに対し、エムバペは「路上だったら殺してやる。道でおまえを殺してやる」と過激な言葉を発した。

 するとジェラール・ピケが「だれを殺すだって?」と反応。その後、ジョルディがピケに「お勉強中なんだよ。あいつはお勉強しているところなんだ」と言ったと伝えられている。

 アツくなる試合中は、様々な言葉が飛び交う。一方で、特に子どもたちをはじめ、多くの若者が試合を見ている中で、これらの言葉が当たり前のように使われることへの是非も論じられている。

 ヒートアップしたとしても、今回のエムバペのような言葉を使うことは議論を呼びそうだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【音声】エムバペが「殺す」とジョルディに予告したとされる瞬間はこちら!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ