「良いことづくめだ」南野拓実の“サプライズ移籍”を英国人記者が展望!「彼に必要なのは…」【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

スティーブ・マッケンジー

2021年02月03日

「間違いなく彼のためになる」

クロップ(左)と志向が似ているハーゼンヒュットル(右)のサッカーは、南野にとってフィットしやすいはずだ。(C)Getty Images

画像を見る

 南野拓実が、リバプールからサウサンプトンへの半年間のレンタル契約にサインした。

 誰もが驚いたはずだが、これは南野にとって、大きなチャンスだ。リバプールで行き詰まっていた彼は、ここ数か月で序列がどんどん落ちていた。それゆえに、この変化は「ゴールデン・チャンス」と捉えることができる。

 レッズのファンは、今もなお、彼がプレミアリーグで活躍できると信じている。現時点では、その場所がリバプールではなかっただけだ。

 彼が新たな挑戦のために加入するサウサンプトンは、ポジティブでフレンドリーと評判の良いクラブだ。ただ、本当に重要なのは、クラブ選びではない。プレー時間を得ることだ。今シーズンのプレミアリーグで、南野が10分以上出場したのはたった4試合しかないが、新天地では、1か月以内にその数字を超えることになるだろう。

 さらに良い点は、非常にポジティブな監督の下で、より広い視野でサッカーを展開しているチームの一員になるということだ。私は間違いなく南野のためになるであろうこの移籍に、興奮している。

 日本の皆さんも、聞き覚えがあるのではないだろうか? そう、サウサンプトンの指揮官であるラルフ・ハーゼンヒュットルは、ユルゲン・クロップ監督と似ている部分が少なくない。
 
 しかも、このオーストリア人指揮官は、RBライプツィヒを率いた経験があり、同じレッドブル傘下のザルツブルクやプレーした南野にとって、大きなアドバンテージだ。採用する戦術が似通っているため、難なく馴染むことができるだろう。

 サウサンプトンのプレースタイルは非常にエネルギッシュで、引いて守るより、勝ちに行くことを目指している。この攻撃的なスタイルも、ぴったりハマるはずだ。

 そして、先発を争うライバルは、モハメド・サラーやサディオ・マネから、ネイサン・レドモンドやセオ・ウォルコットに変わる。リバプールでのポジション争いに比べれば、もちろんチャンスを得やすく、しかもサウサンプトンは現在、前線に故障者を複数抱えている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ