スティーブ・マッケンジー 新着記事

「彼は最高であり最低だ」トッテナムの新指揮官コンテが“劇薬”と呼ばれるワケ【英国人記者の目】

 アントニオ・コンテが、大々的にトッテナムに着任した。彼はヨーロッパの複数の国で偉大な実績を持ち、どのクラブにおいても、最高のヘッドコーチだと皆が口をそろえて言うはずだ。 今回のトッテナム就任時... 続きを読む

「イトウはプレミアでプレーできる」ELウェストハム戦で躍動した伊東純也を英国人記者が絶賛! 英代表OBジョー・コールも称賛

 私は、10月21日に行なわれた、ヨーロッパリーグ第3節ウェストハム対ヘンクを現地で観戦した。この時、両チームは初の顔合わせで、私もヘンクというチームを初めてこの目で見る機会となった。 3-0で... 続きを読む

「ロナウドやメッシが来るんじゃないかと…」サウジ資本が買収したニューカッスルが、一夜にして“嫌われ者”になった理由【英国人記者の目】

 ロンドンで育った私が子供の頃、サッカーファンの友人たちは皆、いくつかのスタジアムにアウェーファンとして行きたがっていた。 当時、最も成功していたチームはマンチェスター・ユナイテッドとリバプール... 続きを読む

3日前に「平均以下」と評された古橋亨梧が汚名返上の一撃! 英国人記者が目を瞠ったプレーとは?【現地発】

 10月19日に行われたヨーロッパ・リーグは、セルティックに所属する古橋亨梧にとって、先週土曜日に行なわれたマザーウェル戦で「不甲斐ない」と評されたパフォーマンスを挽回する、絶好の機会だった。 ... 続きを読む

五輪開催中にカヌー&ウェストとバーで意気投合! ナイジェリアの金メダル獲得に貢献した?【英国人エディターコラム】

 東京五輪が幕を閉じてから、すでに1か月半が過ぎた。 皆さんは、過去のどのオリンピックがもっとも印象に残っているだろうか。僕の場合は1996年のアトランタ五輪だ。アメリカのドリームチームを追った... 続きを読む

「ケインとソンに仕事をさせなかった」冨安健洋の“ダービー初陣”を英国人記者が絶賛!「彼に対して恥じた」【現地発】

 現地時間9月26日に行なわれた、アーセナル対トッテナムを観戦した。そう、冨安健洋にとっては初めてのノースロンドン・ダービーだ。 アーセナルとトッテナムの対戦というのは、ほかのどんなゲームとも意... 続きを読む

冨安健洋の「申し分ない」アーセナルのデビュー戦で、英国人記者が目撃した”異様な光景”とは?【現地発】

 9月11日土曜日、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドでクリスチアーノ・ロナウドが2度目のデビューを果たした。彼が先発するのかしないのか、ゴールを決めるのかどうかは、今週のイングランド... 続きを読む

「ナカムラの印象を進化させた」古橋亨梧の活躍を英国人記者はどう見ているのか。「順調なスタートが切れた背景には…」【現地発】

 古橋亨梧は、セルティックで、とても印象的なスタートを切っている。スコットランドにいる私の友人、マイケル・ボイルも同じように感じているようだ。 彼は子供のころからセルティックのファンであり、シー... 続きを読む

「あれ、148ポンドじゃないの?」列車で遭遇したスターリングの意外な素顔【英国人エディターコラム】

 何年か前、マンチェスター・シティの試合を取材に行ったときに、こんなことがあってね。嬉しい発見というか、ある選手の意外な素顔を見ることができた話だ。 エティハド・スタジアム(マンチェスター・Cの... 続きを読む

40年前に貸したっきり…。ポール・インスの「ルービックキューブ事件」【英国人エディターコラム】

 今回は"古巣"でもあるウェストハムについて語らせてもらうよ。 ウェストハムが古巣と言ったのは、まあ本当で、中学時代に所属していたんだ。その先のユースチームには進めず、そこでプロは諦めたんだけど... 続きを読む

「ファイナルに慣れていなかった」英国人記者が考える、イングランド敗北の理由【現地発】

 想定されていた“ハングオーバー・マンデー”は結局、実現しなかった。7月11日に行なわれたEURO2020の決勝戦で、イングランドがイタリアに敗れたからだ。 試合を見てい... 続きを読む

英国首相がEURO決勝に向けて仰天プランを検討! チケットは180倍に高騰、国民はすでに狂喜乱舞【現地発】

 先日、車でラジオを聴いていたら、あるニュースが流れてきた。7月11日の日曜日に行なわれるEURO2020決勝でイングランド代表が優勝したら、ボリス・ジョンソン首相は「翌日の月曜日を臨時の休日に... 続きを読む

「迷走している」サウスゲイト監督の選手起用に代表OBやファンが不満。イングランド代表の不安要素とは【現地発】

6月22日に行なわれたEURO2020のグループステージ最終節、イングランド対チェコの試合を見るために、私は地元のパブに足を運んだ。コロナ禍とはいえ、とても静かだったので驚いた。これまでイングラ... 続きを読む

英国人記者が見た、スコットランドの予想外の敗北。ファンの“激情”は因縁のイングランド戦で最高潮に【現地発】

 6月11日に開幕したEURO2020で、13日には23年ぶりにビッグトーナメントに復帰したスコットランドが、ハムデン・パークでチェコと対戦した。 彼らが最後に出場したビッグコンペティションは、... 続きを読む

“優勝候補”イングランドのEURO初制覇は今回も難しい? 英国人記者が指摘する“ネガティブな要素”【現地発】

 イングランドは、現地時間6月7日に、EURO2020の初戦となるクロアチア戦(13日)を前に、最後の強化試合をルーマニアと行ない、1-0で勝利した。 現地では、彼らがこの大会で好成績を収めると... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ