【浦和】ロドリゲス監督は補強に「満足」。J1初指揮ながらスタイル構築にも自信

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年01月17日

「若い選手、野心がある選手が来てくれた」

監督会見に臨んだロドリゲス監督。意気込みを語った。(C)URAWA REDS

画像を見る

 浦和レッズを新たに指揮するリカルド・ロドリゲス監督が1月17日、記者会見でメディアの取材に応じた。

「みなさん、こんにちは。リカルドです。まず初めに浦和レッズという偉大なクラブで指導、指揮をさせていただく機会を与えてくれて、本当に感謝しています。浦和は本当にファン・サポーターの方々が熱く、とても情熱がある。彼らのために楽しんでもらえるような戦いをしていきたい」

 そう意気込みを語った指揮官に求められるのは、新たなスタイルの構築だ。J1は初めての挑戦となるが、しかし戦術の落とし込みについては自信をうかがわせる。

「徳島で初めて指揮をした1試合目では、もうやりたいサッカーをある程度見せることができたと思っています。それから選手が毎シーズンいなくなっても、いつもどういうサッカーをしたいかを見せられたと思っている。浦和には素晴らしいクオリティを持った選手がたくさんいる。必ず攻撃的なところや、やっていくべきところができると思っている。まずは2月27日にしっかり見せられれば。チームとしてアイデンティティをしっかり持って戦っていければと思っています」

 徳島ヴォルティスでは、柔軟に選手の配置を変えながら多彩な攻撃サッカーを展開してきた。浦和で目指すのも「攻撃的でアグレッシブ」なサッカーだ。
 
 また補強について「満足している」と言う。監督自身も強化部と話し合いながら進めてきた。

「お互い話しながら進めていますし、その状況ですごく良い選手が集まってくれたと思っています。それから若い選手、野心がある選手が来てくれた。すでにいた選手も、ここ最近は最高のパフォーマンスを出せなかった人もいるかもしれない。ただ彼らの能力を最大限引き出す自信はあるし、さらに伸ばしていくことももちろん可能だと思っている。

 ただ個人だけでなく、チームのコレクティブなパフォーマンスも高めていける。ピッチ内外でチームとしての団結が必要。そこを持ちながら、どこのピッチであろうが、どの試合であろうが、常に勝つつもりで意気込みを持って戦うこと。まだプロセスの途中なので、一歩一歩積み重ねていくこと。その一歩一歩がすごく良いところまで連れていく道になると思っています」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ