「明治大さんほどではないですが…」中央大のJ内定選手が合同会見! 浦和加入ドリブラーは「大学サッカーの立ち位置が変わった」

カテゴリ:高校・ユース・その他

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年01月15日

「技術では引けを取らない」と指揮官も太鼓判

(左から)大久保、松本、今掛、高窪、飯吉。次の舞台での飛躍を誓う。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 1月14日、中央大学サッカー部が、Jリーグおよび南葛SC内定選手の合同記者会見を開催した。

 元日本サッカー協会会長の長沼健氏をはじめ、元日本代表の金田喜稔氏や福田正博氏、昨シーズン限りで現役を引退した中村憲剛氏らを輩出した名門は、2020年シーズンの関東大学リーグ1部では最下位に終わり、3年ぶりの2部降格が決定。それでも、5人がJクラブ、1人が社会人チームの南葛SCの入団を勝ち取った。

 中村も育てた佐藤健監督は、「この学年の能力は高かった。怪我などがあって、難しいシーズンになってしまったが、もっといい結果を出していても良かった。明治さんのように12人もプロ入りすることはなかったが、他の大学の選手にも技術では引けを取らない」と選手たちを評した。

 記者会見に出席したのは、MF大久保智明(浦和レッズ)、DF松本大輔、DF今掛航貴(以上サガン鳥栖)、FW高窪健人(AC長野パルセイロ)、GK飯吉将通(南葛SC)の5人。DF深澤大輝(東京ヴェルディ)はすでにチーム練習に参加しているため、欠席となった。

【PHOTO】新たなステージへ!合同会見に登場した中央大の5選手はこちら

 左利きのドリブラーとして注目され、3年時に内定を勝ち取った大久保は、「浦和レッズを選んだのはチャレンジしたかったから。目標は開幕戦スタメンです」と宣言。三笘薫と旗手怜央が川崎フロンターレの2冠に貢献するなど、昨シーズンのJリーグで大卒ルーキーが大活躍したことについては、「大学サッカーの立ち位置が変わってきている。自分も波に乗りたいですし、活躍して中央大学や関東大学リーグの価値を高めたい」と抱負を語った。

 中央大OBでは、GKシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)、MF古橋享梧(ヴィッセル神戸)、渡辺剛(FC東京)が森保ジャパンでプレーしているが、この中からそれに続く選手が現われるか。

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)
 
【関連記事】
関東大学リーグ2連覇&プロ内定者12名…「ステージがひとつ上がった」明治大の強さの源とは?
【編集部が選ぶ選手権のベスト11】準優勝の青森山田から最多の5人を選出!最も選考が難しかったのが…
【選手権】来季も期待大の下級生ベストイレブン!青森山田、昌平、矢板中央、帝京長岡から各2名を選出
「スゲェーな、ドラマじゃん」“大学生”長友佑都がマルセイユから決めた弾丸ミドルが再脚光!「13年越しのオファーだ」
Jクラブも熱視線!トライアウトに元日本代表やJ1経験者ら総勢35人。参加メンバーの顔ぶれは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ