「ロングスローからは点が入らない」青森山田・黒田監督の“意外な発言”の裏側に感じた名将の矜持【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年01月16日

反対派と肯定派がSNS上で議論

他校のマークを受けながらも、青森山田を3年連続の決勝に導いた黒田監督。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 山梨学院の11年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた第99回全国高校サッカー選手権大会。コロナ禍で行なわれたこの異例の大会で、物議を醸したのがロングスローだ。

 高校サッカー界におけるロングスローの多用化は今に始まったことではない。もう何年も前から多くの高校が採用している。実際、今大会の4強を見ても、山梨学院がMF新井爽太(3年)、矢板中央(栃木)がDF島﨑勝也(2年)、そして青森山田がDF内田陽介(3年)というスペシャリストを擁し、テクニカルなパスワークが売りの帝京長岡(新潟)も頻度は少なかったが用いてはいた。

 ロングスローの賛否が盛り上がるキッカケとなったのは、青森山田と帝京大可児(岐阜)が4-2と撃ち合いを演じた3回戦だろう。優勝候補の大本命だった前者は、開始早々に先制を許したものの、内田のロングスローからなんと3点を奪って、あっさり試合をひっくり返したのだ。

【動画】1試合3ゴールを奪った青森山田の驚異的ロングスローをチェック!

 SNS上では「面白くない」「アンチフットボールだ」といった“反対派”と、「ルール違反でもなんでもない」「使える武器は使うべき」といった“肯定派”による議論が巻き起こった。

 そんななか、その青森山田を率いる黒田剛監督から、5-0で快勝した準決勝の矢板中央戦後に意外な言葉を聞いた。「ロングスローから、そう点が入るものではない」というのだ。毎年、11人のなかに必ずロングスローの使い手を入れ、十八番の武器として用いているチームの将が「ロングスローから点が入らない」というのはどういうことか?

 これには、「きちんと対処していれば」という前置きがある。「マークの仕方やストーンの置き方、こぼれ球の対応など、適切な守備をしていれば、簡単に失点をすることはない」という。

 事実、青森山田は、準々決勝まで長身DFの新倉礼偉をターゲットに猛威を振るっていた矢板中央のロングスローを完璧に封じてみせた。今大会で喫した4失点のうち、ロングスローやCKから奪われたゴールはない。それどころか、ロングスローで敵のDFが上がってきた隙を突いて、速攻からチャンスを作り出す場面も少なくなかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ