• トップ
  • ニュース一覧
  • 「五輪延期は日本にとってプラスしかない」なでしこジャパン高倉監督が描く東京五輪への青写真

「五輪延期は日本にとってプラスしかない」なでしこジャパン高倉監督が描く東京五輪への青写真

カテゴリ:高校・ユース・その他

早草紀子

2020年12月25日

「今年オリンピックをやっても整えていけると思っていたけど」

インタビューに応じてくれた高倉監督。五輪の延期は日本にとってアドバンテージだと語る。写真:早草紀子

画像を見る

 集大成となるはずの東京五輪がコロナ禍で1年延期になった。無観客試合などを経てなでしこリーグはなんとか既定の試合数をこなしたが、代表活動はままならず、予定されていた国際試合もすべてキャンセルになった。それでも、10月、11月と2か月連続で代表候補合宿を行い、ここへ来て新戦力も台頭する嬉しい誤算もあった。この1年の猶予はなでしこジャパンにとっては恵の時となるのか、高倉麻子監督に話を聞いた。

───◆───◆───

――オリンピックが1年延期になり、この猶予期間を高倉麻子監督はどう捉えていますか?

「若めの選手が多く、出来上がりつつあるチームであることを考えれば、今年オリンピックをやっても整えていけると思っていましたけど、やはり1年もらったことは、非常に大きなアドバンテージです。若い選手が多いので、成長する時間をもらえました。

 年齢層が高い他国は、フィジカル面でもチーム力においても維持することは非常に難しいでしょうし。延期は残念でしたが、そういう意味では日本にとってプラスしかないと思っています」
 
――国際大会では“したたかさ”が重要だとよくおっしゃっていますが、それは監督が導いていけるものなのか、またどういうアプローチが利くと考えていますか?

「『したたかさ=ズル賢さ』だと思うのですが、年齢が上がったからズルくなるかというとそうではない。結局は試合に対する自覚、責任、勝ちたい気持ちの量とか、駆け引きをできるかどうか。フリーキックを早く始めるとか、身体を当てるとか、相手チームの勢いが出てきた時にちょっと時間使うとか、そういったことを選手たちに話すこともあります。

 ただそれを言うと、そればかりやるんです(笑)。例えば球際で抜かれた時、海外の選手って平気で足を引っ掛けてきたりしますよね。でも日本の選手はすごく正々堂々と戦う。それは大事な姿勢だけど、時には抜かれたら足を引っ掛けてでも止めることも必要だと言うとするじゃないですか。そうすると本当に足を引っ掛けて止めて、『そこでやっちゃダメでしょ』っていう場所でファウルするんですよ。言葉って難しいし、どのタイミングで伝えるかも難しくて、私自身が最後にそこにどう触れるかというのは気を遣いますね」
 
【関連記事】
<2020ベストヒット!>「まじかよ!」「同じ人間か…」元なでしこ永里優季が披露した“上半身裸の肉体美”にファン感嘆!
なでしこ岩渕真奈がINAC神戸退団を発表、イングランド移籍へ「私の中で今一番魅力的なリーグ」
「2人とも可愛いねっ」INAC仲田歩夢が投稿した親友選手との仲良し2ショットにファン反応!
「最強に可愛いコンビ!」なでしこ仲田歩夢が公開した妹分・伊藤美紀とのキュートな“笑顔2ショット”にファン反響!
「ふたりとも可愛い!」なでしこ鮫島彩が公開した長谷川唯との“5段落ちツーショット”に反響続々!「姉妹感が…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ