旧知の敵国記者が明かすマラドーナの知られざる“ブラジル愛”。セレソンの10番への憧れ、“相棒”カレッカとの友情――【現地発】

カテゴリ:ワールド

リカルド・セティオン

2020年12月16日

「キャリア最高のチームメイトとは誰か?」と訊かれると…

ナポリで共闘したマラドーナ(右)とカレッカ(左)はピッチ内外で親密な関係にあった。(C)Alberto LINGRIA

画像を見る

 アルゼンチンとブラジルの間には、昔から強い強いライバル関係がある。南米の大国同士ということもある、国民性もまるで違う、そしてなによりサッカーにおいては絶対に譲れないものがある。

 たとえ互いに対戦しなくとも、ブラジル人はアルゼンチンが負ければ大喜びだし、アルゼンチン人はどこであれブラジルの対戦相手を応援する。「マラドーナはペレより上だ!」と歌いながら――。しかし、そのマラドーナはブラジルをことのほか愛してくれた。

 私が記者稼業を始めたのは、ちょうどマラドーナが活躍しはじめた頃と時を同じくする。彼の不可能を可能するプレーと、そして尊大とも思えるほどの大胆な言動は、たちまち私を魅了した。彼こそが次世代のスターであると確信した。気がつけば私は自国ブラジルではなく、アルゼンチンを追いかけていた。

 これまでに私はマラドーナを5回インタビューした。どんな時でも彼から話を聞くのは簡単なことでもない。しかしマラドーナは、私がブラジル人だと知るといつも彼の方から手を広げてくれた。

 マラドーナとブラジルは特別な関係にあった。今回はそんな私のブラジルと、マラドーナの知られざる話をしたいと思う。
 
 マラドーナは昔から、ブラジルのサッカースタイルが好きだった。ブラジル選手の華麗な足技に憧れた。なかでも1974年と78年のワールドカップでセレソンの背番号10をつけたリベリーノのプレーが好きで、彼の得意技であるエラシコ(発明したのは皆さんよくご存じのセルジオ越後だ!)にマラドーナは惹かれていたという。

「リベリーノは俺に愛と想像力をもってプレーすることを教えくれた」

 のちのインタビューでマラドーナはそう私に話してくれた。

 また彼の最高の“相棒”もブラジル人だった。日本の柏レイソルでもプレーしたことのあるカレッカことアントニオ・デ・オリベイラ・フィーリョだ。代表でのクラウディオ・カニージャやバルセロナでのベルント・シュスターなど、彼をサポートする選手は多くいたが、ナポリ時代のカレッカほど気が合う選手はいなかった。数年前のFIFAのインタビューで「自身のサッカー人生のなかで最高のチームメイトとは誰か?」と訊かれた時も、マラドーナは迷うことなく「アントニオ」と答えている。

 彼らは共に最高の時を過ごした。ナポリにスクデットをもたらし、UEFAカップで優勝し、ゴールとタイトルと喜びを分けあった。ピッチで息がぴったりあっていたのは、私生活でも彼らの仲が良かったからだ。

「我々は共にプレーするために生まれてきたようなものだった」

かつてカレッカはこう私に話した。

「彼がピッチでどうやって動くのかも熟知していた。多分私たちの最大の強みは、ピッチの中だけでなく、外でも互いを知っていることだった。だから互いの頭の中が良くわかったのだ」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ