失速するバルサ、クーマンの4-2-3-1は“メッシ依存”のチームに有効なのか? 最大の誤算は…【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

エル・パイス紙

2020年12月12日

「問題が起これば、いつも僕のせいにされる」と苦言

伝統の4-3-3を捨てたクーマン。ただメッシを活かせているとは……。(C)Getty Images

画像を見る

 バルセロナの失速が止まらない。ラ・リーガで首位のアトレティコ・マドリーから引き離され、CLでユベントスを相手に惨敗(0-3)を喫し、グループステージ首位通過を逃した。

 通常であれば、ロナルド・クーマン監督の進退問題が取り沙汰されても不思議ではないが、今のバルサにはこのオランダ人指揮官に全てを託さざるを得ない事情がある。クラブの最高議決機関である理事会はジョゼップ・マリア・バルトメウの辞任に伴い「空位」となっており、あらゆる決断が来年1月24日に行われる会長選挙待ちになっているからだ。

 これまでであればこのような厳しい状況に陥ってもリオネル・メッシがピッチ上で獅子奮迅の活躍を見せ支えていたが、オフに退団騒動を起こして以来、クラブとの関係にヒビが入ったままで、本人が「問題が起これば、いつも僕のせいにされる」と苦言を呈する始末。解決策ではなくなっている。

 そんななか、議論の焦点になっているのが、クーマンが就任以来、伝統の4-3-3を捨ててまで一貫して採用している4-2-3-1の機能性についてだ。たしかにセルジーニョ・デストを除けば、リクエストしていたCBとFWの補強が見送られ歪なスカッドのまま采配を振るっているというエクスキューズはある。

【動画】久々の直接対決!メッシとC・ロナウドの抱擁シーンはこちら
 とはいえ、問われているのは目指しているサッカーの性質だ。ハイプレスを駆使してボールを奪い、素早くショートカウンターを仕掛ける。クーマンの目指すこのアグレッシブなサッカーはスピード、フィジカル能力、緻密な連携という3つの要素が高次元で融合してこそ機能するものだ。しかし、近年多くの選手がメッシに依存することに慣れきってしまい、インテンシティもお世辞にも高いとは言えないバルサ向きのシステムかといえば、疑問が生じるのだ。

 かといって戦術の練習を行なおうにも、過密日程が続き時間が思うように取れない。ともすれば、前線にひとりでも多くのビッグネームを並べることができる4-2-3-1の採用は、チーム内のヒエラルキーを意識した策にも映る。

 なかでも誤算は指揮官が戦術上のキーマンとして位置付けているMFフレンキー・デヨングの不振だ。ミラレム・ピャニッチ、セルヒオ・ブスケッツとパートナーを入れ替えても、低調なパフォーマンスに終始している。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ