バルサの敗因は痛恨ミスのラングレではなくメッシ? 「戦犯探し」のファン投票が衝撃の結果に!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月07日

「良かった選手」で最も票を集めたのは…

カディス戦で不発に終わったメッシにまさかの…。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間12月5日に開催されたラ・リーガ12節で、バルセロナは昇格組のカディスと敵地で対戦した。

 9分に、CKの流れからアルバロ・ヒメネスに押し込まれていきなりリードを許すと、オウンゴールで同点に追い付いた5分後の63分に、ジョルディ・アルバのスローインをCBクレマン・ラングレが処理を誤ったところを突かれて痛恨の失点。結局1-2で敗れ、10試合目にして今シーズン4敗目を喫している。

 試合後、スペイン全国紙の『MARCA』は、バルサの良かった選手/悪かった選手のユーザー投票を実施。目を疑うような結果となった。

【動画】「何がしたかったんだ?」と批判殺到!カディス戦でラングレが犯した痛恨のミスはこちら
 出場した14選手にロナルド・クーマン監督を含めた15人中、「悪かった選手」の票が最も多かったのが、なんとエースのリオネル・メッシ(6200票)だったのだ。次がFWアントワーヌ・グリエーズマン(6100票)で、失点に繋がるミスを犯したラングレ(4900票)は3番目だった。

 ちなみに、「良かった選手」の票を最も集めたのは、右SBのセルジーニョ・デスト(4000票)で、次点がFWのマーティン・ブライトワイト(2500票)という結果となった。

 もちろん、これはバルサのファンだけが票を入れたわけではない。とはいえ、メッシが「戦犯」として扱われたのは、この10番の退団騒動の余波がいまも残るバルサの状況を象徴していると言えるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ