• トップ
  • ニュース一覧
  • マンUをCLから蹴落とした RBライプツィヒ。33歳の指揮官ナーゲルスマンの冴えわたる戦術と成長戦略を読み解く【現地発】

マンUをCLから蹴落とした RBライプツィヒ。33歳の指揮官ナーゲルスマンの冴えわたる戦術と成長戦略を読み解く【現地発】

カテゴリ:ワールド

中野吉之伴

2020年12月12日

ユナイテッドとの大一番に備え、バイエルン戦で “余力を残す”

RBライプツィヒを率いるのが、33歳の若き智将ナーゲルスマンだ。 (C)Getty Images

画像を見る

 33歳のユリアン・ナーゲルスマン監督率いるRBライプツィヒが、王者にあと少しで土をつけるところまで追い込んだ事実は、ドイツのサッカーファンに新たな驚きと期待感をもたらしている。

 ブンデスリーガ第10節でバイエルンと対戦したライプツィヒは、終始リードを奪う展開に持ち込みながら、最終的にはバイエルンのトーマス・ミュラーとキングスレー・コマンの活躍で、3-3の引き分けに終わった。

 だが、注目すべきは、試合後のナーゲルスマン監督の“余力を残した”とも捉えられる発言だった。

「スリリングな試合だった。引き分けは順当な結果だと思う。火曜日のチャンピオンズ・リーグ(CL)の試合を考慮して、何人かの選手を60分以降交代で下げざるをえなかった。そのため本来のポジションではないところで起用しなければならないこともあり、それが失点につながってしまったのは残念だが。それでも、最後はしっかり耐えきることができた」

 確かにCLの決勝トーナメント進出を確定していない状況で、負けることが許されないマンチェスター・ユナイテッドとの試合がもつ意味はとても大きい。だが、ブンデスリーガで首位争いをしているチームが、バイエルンとの試合でメンバーを入れ替え、そのうえで、負けずに引き分けで終えるというのは、過去あまり類を見ない話だ。
 
 今シーズンのライプツィヒは、昨シーズンまでエースストライカーとして活躍していたドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがプレミアリーグのチェルシーへと移籍。シーズン25得点を挙げている選手の穴を簡単に埋めることはできないと思われた。

 だが、ナーゲルスマンはこれを逆にチャンスと捉えた。より柔軟性に富み、さまざまな選手の組み合わせでバリエーションを作り出し、いろんなフォーメーションと戦い方で攻略していくチーム作りだ。そして今、ひとりの得点源に頼るのではなく、どこからでもゴールが取れるサッカーを体現している。

 チーム内得点王が左SBアンヘリーニョ(4得点)というのは特筆すべきことだろう。ボールを収める選手の動きに呼応し、周囲の選手があらゆるところからスペースへと顔を出していくわけだが、すべてがパターン化されているというわけではない。プレー原則における共通認識がはっきりしているので、試合状況とゲームプランに合わせて選手が最適な選択肢をかみ合わせていくのだ。
【関連記事】
「嘆かわしい!」CL敗退ユナイテッドの主将&GKを、OBスコールズが猛批判!「瓶詰めにされているのか?」
「おまえがユナイテッドで何をした?」大一番を前にしたポグバの“退団宣言”に批判の嵐!「さっさと出て行け」
鎌田大地と遠藤航の推定市場価格が急騰! 久保、南野、中島、冨安らが上位の「全日本人選手ランキング」を集計!
ブレーメン大迫勇也のスタメン復帰には何が必要? 守り重視のチームで課せられている過酷な役割【現地発】
「日本の2~3クラブから…」長谷部誠が“引退報道”に本音を明かす! 「サッカーの世界では何でも起こる」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ