【J1採点&寸評】川崎 3-1 横浜|見応え十分な好ゲームでジェジエウ&三笘が躍動!10人の横浜も気持ちのこもった戦いを披露

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2020年11月19日

川崎――ジェジエウが値千金の勝ち越し弾!

【警告】川崎=ジェジエウ(50分)、チョン・ソンリョン(81分) 横浜=松原(63分)、M・ジュニオール(77分)、ティーラトン(80分)、T・マルチンス(90+2分)
【退場】横浜=高丘(40分)
【MAN OF THE MATCH】三笘 薫(川崎)

画像を見る

[J1第30節]川崎3-1横浜/11月18日/等々力

【チーム採点・寸評】
川崎 6.5
ACLのスケジュールの影響で先立って行なわれた30節。横浜が退場者を出すまでの約40分は横浜とともに日本のトップとも言える素晴らしい見応えのあるゲームを展開。ただ、ここ2戦は1分1敗のチームは、退場者を出した相手に対してなかなかゲームを決めることができなかった。
 
それでも指揮官も認める“しぶとい戦い方”で試合終了間際にジェジエウの値千金の勝ち越し点、そして後半頭から登場し、左サイドで別格の違いを作り続けた三笘の1ゴール・1アシストの活躍もあり、見事に3-1で勝利。次戦のアウェー大分戦に勝てばリーグ最速優勝決定で、引き分け以下でも2位のG大阪の結果次第で優勝が決まる。まさに“王手”をかけた。
 
 
【川崎|採点・寸評】
 GK
1 チョン・ソンリョン 5.5
集中したディフェンスを見せ、攻撃陣のゴールを待った。ただ失点シーンではCKからのクロスに出るも相手との接触でボールに触れず、ファウルの笛もなく、背後で畠中に決められた。仲間想いで責任感が強い男とはいえ、味方を守るため、やや熱くなるシーンがあったのも反省材料か。
 
DF
13 山根視来 6
前半はエリキの対応に難しさを感じさせる部分もあったが、球際でよく戦った。数的有利に立った後半は高い位置をキープして攻撃に関与。
 
4 ジェジエウ 7.5
快足を活かして相手のカウンターを防ぎ、試合終了間際にはチームを救う勝ち越し弾!! その後の魂のシュートブロックを含めて勝利の立役者だった。本来ならMOMだが、三笘と悩み……。今回は敢闘賞としたい。
 
 

土壇場で勝ち越し弾を挙げたジェジエウ。チームを救った(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

5 谷口彰悟 6
いつも以上に声を張り上げながら周囲を統率。フィードが味方に合わないシーンもあったが、チームを鼓舞する貴重な存在だった。
 
2 登里享平 6
後半は左サイドで組んだ三笘の突破力を活かせるように的確にフォロー。カウンターを受けた際、J・サントスとの競り合いでは分が悪い場面もあったが、終盤は良いクリアも。この日もシュートシーンはあったが、待望の今季初ゴールは生まれず。

MF
6 守田英正 5.5
セカンドボールを拾い、サイドにボールを散らす。もっとも失点場面では畠中に前に入られてヘッドを決められた。
 
25 田中 碧 5.5HT OUT
通常通りダイナミックに動きながらスペースを探し、守備では守田とバランスを取った。プレースキッカーも担い、横浜の守備を崩そうと試みる。相手GK高丘が退場するシーンのパスは彼が出した。ただハーフタイムで交代。不完全燃焼だったはず。

【J1第30節PHOTO】川崎3-1横浜|圧巻の等々力劇場!途中出場・三笘薫の1G1Aの活躍で川崎が優勝に王手!

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ