スペイン代表では異色の「フィジカルモンスター」に脚光!イニエスタらとは“対局”にあるが、活かさない手はない【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

エル・パイス紙

2020年11月12日

NFLのフルバック顔負けの筋肉質の身体

アメフト選手のような体躯で圧巻のスピードを誇るトラオレ。(C) Getty Images

画像を見る

 10月のインターナショナルウィーク期間中に、フル代表デビューを遂げたばかりで、まだ出場が3試合にしか過ぎないにもかかわらず、各メディアでトップを飾ったのがアダマ・トラオレだ。その扱いはまるで超大物ルーキーの世界に向けてのお披露目のようだった。

 24歳にして所属クラブのウォルバーハンプトンで主力として君臨しており、決して無名の選手ではない。バルセロナのファンにとっては、フベニール時代のプレーぶりが記憶に新しいかもしれない。

 しかし、これほど注目されたのはここ最近の目覚ましい成長に加え、スペインでは希少価値の高い、NFLのフルバック顔負けの筋肉質の身体を活かしたプレースタイルのインパクトの高さに他ならない。

【動画】圧倒的すぎるスピードとフィジカルの強さ!アダマ・トラオレの圧巻プレー集
 
 現在のスペイン代表は主に3つの世代に区分される。チームを引っ張るのはセルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)、セルヒオ・ブスケッツ(バルサ)、ヘスス・ナバス(セビージャ)の3選手だ。この重鎮組をチアゴ・アルカンタラ(リバプール)、ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)ら中堅が追随する。

 そしてルイス・エンリケ監督の積極的な抜擢も追い風にここにきて急速に勢力を広げているのが、ミケル・メリーノ(レアル・ソシエダ)、パウ・トーレス(ビジャレアル)、ダニ・オルモ(RBライプツィヒ)、ファビアン・ルイス(ナポリ)、ミケル・オジャルサバル(レアル・ソシエダ)、ロドリ(マンチェスター・シティ)、セルヒオ・レギロン(トッテナム)、アンス・ファティ(バルサ)、エリック・ガルシア(シティ)といった若手だ。

 こうした年齢を問わない登用からは実力重視の方針を貫こうという指揮官の強い決意が伺える。それは各選手の所属クラブのバリエーションの豊かさにも表れており、そうした傾向に乗って招集されたのがアダマだった。

 スペイン代表は華麗なパスサッカーを武器に2008年から2012年にかけて黄金時代を築いた。シャビ、アンドレス・イニエスタ、ダビド・シルバ、サンティ・カソルラ、ファン・マヌエル・マタら小兵プレーヤーがその中核を担ったが、筋骨隆々の爆速ウインガーのアダマは、まさに対極をなす存在だ。

 長い間、サッカー界はジョゼップ・グアルディオラによって完成されたバルサスタイルが時代の最先端を走った。スペイン代表の隆盛もその流れに乗ったものであり、そうした文脈の中ではアダマのような選手は存在が希薄だったかもしれない。

 しかし、サッカーは変わった。トレンドはハイプレス戦術へと移行し、進化した守備戦術を攻略するには、パスを繋ぐだけではなかなか難しくなっている。そしてアダマは、その自慢のフィジカルとスピードで相手DFを粉砕することができる。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ