【J1採点&寸評】FC東京0-4横浜|MOMは2得点のJ・サントス。ワーストプレーヤーは一発退場のブラジル人MF

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2020年10月24日

FC東京──三田はボレーシュートを決めたかった

【警告】FC東京=なし 横浜=扇原(63分)、伊藤(80分)
【退場】FC東京=A・シルバ(63分) 横浜=なし
【MAN OF THE MATCH】J・サントス(横浜)

画像を見る

[J1リーグ28節]FC東京0-4横浜/10月24日/味の素スタジアム

【チーム採点・寸評】
FC東京 4.5
立て続けの失点に加え、A・シルバのレッドカードと後半に乱れた。前半の決定機をひとつでもモノにしていれば、あるいは違う結末に。

【FC東京|採点・寸評】
GK
33 林 彰洋 4
キックの精度にやや不安。なかなか見せ場はなく、3節・川崎戦以来の4失点と厳しい結果に。

DF
3 森重真人 5.5
10分のヘディングシュートは決まらなかったが、自陣ゴール前ではまさに壁となって敵の攻撃を跳ね返す。チームは4失点も、個に目を移せばそこまで悪い出来ではない。

4 渡辺 剛 4.5
チャンスに繋げた16分のプレーは。ただ、失点に絡んだのも事実で厳しい採点に。

6 小川諒也 5
縦関係となった田川とのコンビネーションはまずまず。激しい守備で対峙したエリキを潰していたが、54分の対応にはまずさが。

22 中村拓海 5(81分OUT)
田川のヘディングシュートを演出した16分のクロスはドンピシャ。ただ、全体的に雑なパスが目立ち、攻撃にリズムを生み出せなかった。
 
MF
7 三田啓貴 5(59分OUT)
献身的に走り、守備にも貢献。39分のサイドチェンジも最高だったが、26分にフリーで打ったボレーシュートは決めたかった。

27 田川亨介 5(59分OUT)
16分にヘッド、19分に左足のシュートでGKを強襲。しかし時間とともに効果的なプレーが少なくなった点で残念だった。

31 安部柊斗 5
3分のGKへのプレスはグッド。長距離のランニングからチャンスに絡めるタフネスも評価に値。ただ、前半終了間際の決定機逸は大きな減点対象だ。

45 アルトゥール・シルバ 3.5(63分に退場でOUT)
中盤の少し低い位置でピンチの芽を摘む。だが0-2で迎えた63分に松原へのファウルでレッドカード。ある意味試合を壊した。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ