ディ・マルツィオの【移籍市場ここだけの話】モウリーニョとの会食に参加した代理人から連絡が…クアドラード チェルシー行きの顛末

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年03月04日

カルチョメルカートの生番組に出演しているその時――。

クアドラードのチェルシー移籍は、ディ・マルツィオ記者が他のメディアに先駆けて伝えたスクープだった。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 チェルシーがフィオレンティーナからクアドラードを獲得し、シュールレをヴォルフスブルクに売却するという2つのディールは、他のメディアに先駆けてスクープを打つことができた。
 
 クアドラードは、モウリーニョ監督のたっての希望による補強だ。1月初旬、その第一報が私の携帯電話に届いたのは、ちょうどカルチョメルカートの番組に生出演している時だった。
 
 モウリーニョが何人かのエージェントを自宅に招いてディナーをとっていたところ、クアドラードが欲しいという話が出て、その場にいたエージェントのひとり(もちろん名前は言えない)がSMS(携帯電話のショートメール)を送ってきたのだ。
 
 そこから始まった移籍交渉は複雑かつ難しいものだった。フィオレンティーナが付けた値札は3500万ユーロ(約49億円)。これは契約書に記された契約解除の違約金であり、1ユーロたりとも値引きするつもりはないというのがフィオレンティーナの一貫した姿勢だった。
 
 チェルシーがファイナンシャル・フェアプレーに抵触せずに獲得にこぎつけるには、これと同程度の金額で誰かを売却しなければならない。つまりはクアドラードの獲得とシュールレの放出は完全にセットだったのだ。
 
 ヴォルフスブルクが当初チェルシーに提示した条件は、2800万ユーロ(約39億2000万円)+ボーナスという不十分なものだった。チェルシーはこれに応じず、ヴォルフスブルクは2回に渡ってオファー額を引き上げ、最終的には3200万ユーロ(約44億8000万円)という大金を積んでシュールレを買い取った。
 
 この事実ひとつとっても、ヴォルフスブルクがヨーロッパでもっとも豊富な資金を持つクラブのひとつであることがわかる。実際ヴォルフスブルクは、デストロの獲得にも乗り出していた。
 
 ローマに対して移籍金3000万ユーロ(約42億円)、デストロには年俸400万ユーロ(約5億6000万円)をオファーしていたのだ。しかしデストロ本人にはドイツに行く意思がなく、彼は好条件を蹴ってレンタルでミランに移籍する選択をした。
 
 一方、フィオレンティーナとチェルシーは違約金の支払い方法に関して妥協点を見出し、その交渉に決着をつけた。通常、契約解除の違約金には、解除から5日以内にキャッシュで全額支払うという条件が付く。しかし両クラブは、チェルシーが半額の1750万ユーロ(約24億5000万円)を即金で、残る半分を2年分割で支払うという条件で折り合いをつけた。
 
 この時点で移籍期限まで数日の余裕があった。しかし交渉は、ここからまたしてももつれることになる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ