【冬の移籍まとめ】期限最終日 サンプドリアに起こった「2大事件」とは

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年02月03日

インテルのボナッツォーリなど将来への投資も。

冬の移籍市場で加入したこのエトーが、さっそくミハイロビッチ監督と衝突? 「事件」の真相は――。 (C) Getty Images

画像を見る

 メルカート(移籍マーケット)最終日に最も大きな話題となったのは、加入したばかりのサミュエル・エトーが、午前・午後の2部練習だった2月2日、午前の部を終えた後に練習場を去り、午後の部に姿を見せなかったというニュースだ。
 
 当初、この日はオフの予定だったが、前日のトリノ戦で1-5の大敗を喫したことに激怒したシニシャ・ミハイロビッチ監督が、懲罰のため急きょ2部練習を組んだという経緯があった。
 
 エトーは午後に自宅のあるミラノで約束があるという理由で練習を無断欠席した模様。夕方になってマッシモ・フェレーロ会長が「2人の間に小さな意見の食い違いがあっただけ。問題はない」と“消火”に務め、深夜にはジェノバでミハイロビッチとエトーが直接話し合いを持ったことで、混乱は収束に向かう見通しとなった。
 
 メルカートでは、ボローニャへの移籍が決まったダニエレ・ガスタルデッロの穴埋めに、ニコラス・スポッリ(カターニャ)、モディボ・ディアキテ(デポルティボとの契約を年末に解消してフリーだった)の獲得に動き、ディアキテは2日にメディカルチェックまで行なったが、最後の最後でミハイロビッチ監督が拒否権を発動して破談になるという、これも大きな「事件」があった。
 
 ディアキテはその後カリアリと契約、サンプドリアは来夏ミランへのフリートランスファーが濃厚と見られているアルゼンチン人CBエセキエル・ムニョス(パレルモ)を半年レンタルで獲得するという慌ただしい結末となっている。
 
 サンプドリアの動きはこれにとどまらない。インテルからレンタル中だった21歳のMFジョセフ・アルフレド・ダンカンを完全移籍で買い取ったのに続いて、同じインテルから近年で最高の逸材と謳われる17歳のイタリアU-21代表FWフェデリコ・ボナッツォーリも450万ユーロ(約6億3000万円)で、さらにエトーが強く推薦したといわれる18歳のカメルーン代表FWファブリス・オリンガ(マラガ)もチェルシーとの競合を制して獲得するなど、将来に向けての投資にも余念がない。
 
 サンプドリアは今冬のメルカートで最も活発な動きを見せたクラブのひとつだった。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ