「なぜ英雄がいつも裏口から追いやられる?」レジェンドOBストイチコフがバルサ首脳陣を辛辣批判!「記者に金を払って…」

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年08月30日

「ひとりの伝説を消そうとしている」

バルサのソシオでもある英雄ストイチコフが上層部を非難した。(C) Getty Images

画像を見る

 リオネル・メッシがバルセロナとケンカ別れしようとしている――。この事実に、心を痛めている者は多い。OBのレジェンド、フリスト・ストイチコフもそのひとりだ。

 スペイン紙『Marca』によると、ストイチコフはメキシコ『TUDN』で「われわれはひとりの伝説を消そうとしているんだ」と怒りを露にしている。

「われわれは、バルセロナの歴史でもっとも偉大な選手を、後ろから蹴り出そうとしているんだぞ。名前とカリスマを汚している。わたしはソシオだから言わせてもらう。汚しているんだ」
 
 必ずしもハッピーエンドではなかったバルセロナの伝説的な選手は少なくない。自身も友好的にバルサを去ったわけではないブルガリアの英雄は、「どうしてバルサで歴史をつくった選手たちはいつも裏口から追いやられるのか」と嘆いた。

「彼らはわれわれ(選手)が会長の座を奪おうとしているとか、そういうことを考える。何を考えているのか分からないよ」

 メッシを退団通告に向かわせたことで、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長ら首脳陣は批判を浴びている。ストイチコフも「この経営陣はすべてを壊した」と非難している。

「彼らはサポーターと選手を対立させたがっているみたいだ。わたしはラ・リーガ4連覇を果たし、クラブ初のチャンピオンズ・カップ優勝を経験した。サポーターの愛情に報いる方法がないほどだ。だが、この首脳陣は面汚しだよ。記者に金を払って火に油を注いでいる。クラブとして悲しい」

 もはや関係修復は不可能とみられているメッシとバルトメウ会長。世界が固唾をのんで見守っている去就騒動は、どのような結末を迎えるのだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ