迷走するバルサ、グリエーズマンの仰天トレードを進めていた事実が判明!交換相手はまさかの…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月28日

トレードが成立していたら得をしていたのは?

移籍1年目は期待外れに終わったグリエーズマン。メッシが抜けた場合は攻撃の中心を担うことになりそうだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 報道が事実であれば、バルセロナの混迷ぶりを象徴するエピソードのひとつだ。

 スペイン紙『Marca』によると、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、チャンピオンズ・リーグでバイエルンに大敗する直前に、アトレティコ・マドリーに大型トレードを打診していたという。

 リオネル・メッシの退団通告で批判にさらされるバルトメウ会長が狙っていたのは、アントワーヌ・グリエーズマンとジョアン・フェリックスのトレードだ。

 バルサがグリエーズマンを獲得し、アトレティコがその代役にJ・フェリックスを獲得したのは、わずか1年前のことだ。だが、グリエーズマンは期待されたほどフィットできていない。

 Marca紙によると、グリエーズマンの元代理人であるエリック・オルハッツ氏は『RMC』で「バイエルンに敗れる前、アントワーヌの希望はバルサを去ることだけだった」と述べている。

「グリエーズマンは自分がクラブのプランに入ってないと感じていた。このまま続けることはできないとね。真剣に移籍を検討していたんだ。それからああいうことになり、ロナルド・クーマン新監督との話し合いで落ち着いた。クーマンは彼を今後の重要な選手と考えているからだ」
 
 それでも、わずか1年でグリエーズマンを手放し、アトレティコで背番号7を引き継いだJ・フェリックスの獲得を狙えば、大きな論争を呼んでいただろう。Marca紙は両者のサラリーの違いを指摘し、「スポーツより財政的前提が優先された動き」だったと伝えている。

 いずれにしても、バルトメウ会長から話を持ち掛けられたアトレティコのミゲル・アンヘル・ヒル・マリンCEOは、「ノー」と一蹴したとのこと。グリエーズマン復帰は検討する姿勢だったが、財政的理由からジエゴ・コスタらとのトレードを提案したものの、今度はバルトメウ会長に断わられたという。

 実現しなかったトレードだが、もしも成立していた場合、サポーターはどう評価しただろうか。「どちらが得をしていた?」とのMarca紙アンケートでは、9万人を超えるユーザーのうち、58%がバルセロナと回答。22%が「どちらも得せず」、17%がアトレティコ、3%が「双方」と答えている。

 メッシの退団通告で、窮地に追いやられているバルトメウ会長。今回の報道は、周囲からの批判の声を強めるかもしれない。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】ビッグディールが続々成立!2020年夏に新天地を求めた名手たちを一挙紹介

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ