「いざ決めるとなったら…」バルサ退団通告のメッシ、2年前はシティ移籍の可能性にどう答えていた?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月27日

わずか2年で状況は一変

20年も一筋を貫いてきたバルサを退団する意向を固めたというメッシ。だが、ほんの2年前までは違う想いを抱えていた。 (C) Getty Images

画像を見る

 リオネル・メッシがバルセロナに退団の意向を通告したのを受け、世界では移籍に至った場合の新天地を巡る報道が過熱している。

 移籍先の候補は、枚挙に暇がないが、資金力や本人の考えをふまえて、現時点では恩師ジョゼップ・グアルディオラが率いるマンチェスター・シティが、最も可能性が高いと言われている。

 これを受け、スペイン紙『Marca』は、2年前の2018年ワールドカップ直前に、メッシが母国アルゼンチンの『TyC Sport』のインタビューで口にしたシティ移籍に関する発言に再び脚光を当てている。

 このとき、「移籍を考えたことがあるか?」と問われたメッシは、「バルセロナ以上がどこにあるのさ? 僕は世界最高のチーム、世界有数の街にいる。家族も快適に過ごし、子どもたちには友達がいる。変える必要がないんだ」と答えていた。

「他のリーグについて考えたり、イングランドを見たりするかもしれないけど、いざ決めるとなったら、バルセロナを離れるのはとても難しい」
 
 周知の通り、シティには、アルゼンチン代表のチームメートで、プライベートでも親交の深いセルヒオ・アグエロがいる。同インタビューでメッシは、アグエロの父親が息子との共演を望む発言をしたことに触れられると、「それはシティではない」と返した。

「もしもそれがあるとしたら、クン(アグエロのあだ名)をバルセロナに連れてきたときだね」

 それからわずか2年――。当時バルサの監督だったエルネスト・バルベルデは、シーズン途中にベンチを追われ、後任に選ばれたキケ・セティエンも、シーズン後に解任された。そしてメッシは、「最高のチーム」だったはずのバルセロナから出ていく考えを明確にしている。

 様々な状況をかんがみて、「変える必要」を感じたメッシと、大エースに別れを告げられたバルセロナは、この先、どのような答えを出すだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「可能なことは全てやってほしい」バルセロナ市長もメッシの残留を切望!「離れるなら大きな悲しみに…」
バルサとシティが「メッシ対3人」のトレードを画策! 移籍金は“最低ネイマール以上”で妥協か
なぜメッシはバルサ退団を決断したのか?番記者が明かす舞台裏「不満の根底にあるのは…」【現地発】
「メッシの新天地は?」老舗ブックメーカーがオッズ発表! トップ3は噂通りで、ヴィッセル神戸は…
「1週間前にペップに電話を…」バルサ電撃退団報道のメッシにマンC移籍の可能性!? 母国紙が紹介する“根拠”

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ