【ゼロックス杯|浦和レポート】昨年末から続く「失点癖」。那須、平川が挙げた守備再建へのポイント

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2015年02月28日

「まるで昨シーズン終盤の試合を見ているようだった」と指揮官も嘆く。

CFで先発した李は、ズラタンの投入後にシャドーへ。90分間プレーしたもののシュート1本に終わった。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

「うーん……必ず修正できる失点なんですけどね」
 
 右WBでフル出場したチーム最年長の平川は唇を噛み締めた。
 
 浦和が“失点癖”に苦しんでいる。

【ゼロックス杯】PHOTOハイライト|G大阪 2-0 浦和
 
 守備再建が最大の課題だった昨季、GK西川が新たに加わり、チーム全体として守備意識を高めたことで、リーグ戦の総失点は56から32へと大幅に減った。

 しかしリーグ終盤、その保たれていたはずのバランスは狂い出していた。浦和が公式戦で無失点に抑えたのは、昨年11月3日の31節・横浜戦(1-0で勝利)まで遡る。
 
 昨季終盤のリーグ3試合、そして今季のACL初陣の水原三星戦、この日のスーパーカップのG大阪戦と、いずれも失点を喫している。加えて、ニューイヤーカップ(磐田、清水戦)などプレシーズンの試合でも、必ず失点していたことに触れておかなければいけない。
 
 守備の安定感を欠き、悪い循環に陥っていると言えるのだ。
 
 もちろん、多くの新加入選手を抱える浦和にとって、このスーパーカップは貴重な「最終テスト」の場だったことは事実だ。
 
 3日前、アウェーでACLの水原三星戦に臨み、1-2で逆転負け。週明けの3月4日には再びホームでACLのブリスベン・ロアー戦、7日にJリーグ開幕の湘南戦と必勝を期す試合が続く。
 
そのため、この日のG大阪戦は、誰もが「勝負にこだわっていた」(梅崎)のは間違いないものの、先発は水原三星戦から5人変更。前線3人はすべて入れ替わり、さらに柏木はボランチに入るなど、今後を見据えたいくつかのテストに充てられた。
 
 攻撃面では、李、高木、梅崎、武藤と、決して満足のいくプレーを見せられなかった。ただし、怪我から順調に回復する興梠、この日は休養をとった石原、さらに柏木を本職のシャドーで起用する……など、メンバーを入れ替えれば内容がガラリと一変する余地は十分にある。もちろん前述の4人のパフォーマンスはやや気掛かりではあるものの、一概に悲観する必要はないかもしれない。
 
 一方の守備陣は、GK西川、DF槙野、那須、森脇と、不動のレギュラーで固めながら、“またも”失点を許した。しかも、“またも”セットプレーとパスミスからである。
 
 CKから那須らがパトリックに振り切られてヘッドで後方にそらされ、森脇が宇佐美につき切れず先制点を与えた。
 
 そして“またも”ロスタイム、逆襲に転じようとした槙野のパスがカットされ、パトリックにねじ込まれた。
 
「まるで昨シーズン終盤の試合を見ているようだった」とペトロヴィッチ監督も嘆いた。
 
「抑えられた失点。決して流れのなかから崩されていなかった。だからこそセットプレーが左右する展開だった。ターゲットマン(この日のパトリック)をいかに抑えるか。『一発』は起こり得る。そこへ厳しく行くこと、集中力をより高めないと」
 
 リベロの那須はそう悔やんだ。
 
 もちろん、失点の全責任が守備陣にあるというわけではない。
【関連記事】
【ゼロックス杯】G大阪×浦和|採点&寸評「三冠王者が好発進!」
【ゼロックス杯|G大阪レポート】「戦術・パトリック」には改善の余地も。
【浦和】土壇場での失点は止まらず… 柏木が、那須が、西川が明かした現状打開への胸の内
【ACL第1節】水原三星 2-1浦和|粘り強さに欠ける戦いで終盤の逆転を許す
【浦和】GK西川周作│日本一への挑戦
【取材こぼれ話】橋本和×宇賀神友弥│浦和の両翼は、まるで兄弟のような絶妙な呼吸

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ