【取材こぼれ話】橋本和×宇賀神友弥│浦和の両翼は、まるで兄弟のような絶妙な呼吸

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2015年02月25日

浦和の赤い翼。ウイングバックコンビが『サッカーダイジェスト』誌に対談で登場。

プレシーズンの練習試合では、ともに好調をアピール。ふたりのアップダウンは攻守両面で大きな武器になる。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

「ちょっと薄すぎませんかね?」
 
 対談取材の最後にふたりががっしり握手をかわす決め写真を撮影していた時、宇賀神が細い目をさらに細くして、笑みをこぼす。
 
「んん!?」対談の内容はかなり濃かったと思いますよ。盛り上がった(と思う)し、選手同士の対談ならではの発見が数多く、自分(記者)としては、かなり興味深くて面白かった。
 
 そう返すと、宇賀神は
「いやいや、顔のことですよ、顔。二人とも薄すぎ。誌面に載せて大丈夫ですかね」
 とのこと。
 
 橋本がつかさず笑う。細い目が、宇賀神と瓜二つに。
「ほんまやね。しょうゆ顔同士。しかも、かなり薄い」
 
 確かに、橋本と宇賀神が街を歩いていてすれ違ったら、「兄弟かな」と思う気がする(そんなシチュエーションはまずないが)。
 
 しかも対談中のふたりの掛け合いは、実に絶妙だった。橋本は関西人らしく(?)、宇賀神は持ち前のコミュニケーション力を活かし(??)、出るところ、引くところ、言うべきこと、耳を傾けるべきこと、もはや司会(記者)が不要なぐらい言葉のパスがぽんぽんつながっていった。
 
 そうした間合いの取り方の巧さは、ふたりのプレースタイルにも通じるところがあるようだ。

――◆――◆――

今季柏から加入した橋本。左サイドから精度の高いクロスを送り込む。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

右ウイングバックの宇賀神には、今季も攻守に渡る獅子奮迅の活躍が求められる。

画像を見る

 2月26日(木)発売の「サッカーダイジェスト」で、橋本和選手×宇賀神友弥選手の対談インタビュー「希望の赤い翼」が掲載されます。
 
 時に5トップ、時に5バックになるミシャスタイルのキーポジションであるウイングバックの苦労とやり甲斐、そして今季に懸けるとても熱い想いを、ふたりが語ってくれています。
 
 ぜひ、ご一読ください!
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【ACL開幕プレビュー】浦和編|相乗効果が生まれる良い流れで初陣へ
【浦和】阿部勇樹を直撃!!「悔しさを晴らすためにも、開幕が待ち遠しい」
【浦和】ひと足早く春到来!? 期待の攻撃陣に大収穫ありの磐田との2連戦
【浦和】興梠が復帰、即ゴール!「改めて、サッカーは楽しいと思えた」
【湘南】曺貴裁監督を直撃!! 「今年も右肩上がりで強くなったというチームにしていきたい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ