【ゼロックス杯|G大阪レポート】「戦術・パトリック」には改善の余地も。

カテゴリ:Jリーグ

2015年02月28日

ACLでの敗戦を受けて修正した守備は及第点以上。

丹羽(中央)を中心とする守備陣は、「中をしっかりと締めれば、浦和はサイドからクロスを上げるしかないと思っていた」と狙いどおりに浦和の攻撃を撥ね返した。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 良くも悪くも、昨季の三冠王者らしい戦いぶりだった。前半のG大阪はシュート1本しか放てず、大半の時間で浦和にボールを保持された。後半も主導権は浦和側にあり、ペトロヴィッチ監督が「80分以上は我々が支配していた」と豪語したのも頷ける。

【ゼロックス杯】PHOTOハイライト|G大阪 2-0 浦和
 
宇佐美が「レッズとやる時はああいう展開になる」と振り返るように、ある程度、押し込まれる展開は織り込み済みだったという。とはいえ、長谷川監督は「前半からアグレッシブに行く展開を思い描いていたが、レッズの切り替えが早かった。前線で上手く起点を作れず、ああいう展開になった」とコメント。2トップの一角で起用された新戦力の赤嶺にボールが収まらず、本来の狙いとは違う展開だったと明かしている。
 
 ただ、それでも慌てないのがG大阪の強みでもある。出色のパフォーマンスを見せた丹羽は、手応えをこう口にした。
 
「試合が終わった後にヤットさん(遠藤)とも話をしたけど、苦しい時間帯でも後ろが耐えれば、点は取れるという信頼感がある。『去年の終盤戦はこういう戦い方ができていたな』と、思い出しながらプレーしていた」
 
 この日、浦和はあるテーマを持って取り組んでいた。「今日はボールの回し方を変えて、中盤を厚くする狙いがあった。こぼれ球を拾って、ボールを保持するという点では、ある程度できた」(槙野)。その点において、G大阪が後手を踏んだのは間違いない。しかし、「中をしっかり締めれば、浦和はサイドからクロスを上げるしかないと思っていた」(丹羽)というG大阪の対応力が、浦和の狙いを上回った形と言える。
 
 ACLのグループステージ初戦で中国の広州富力に0-2と敗れたが、そこからメンバーを入れ替えて、ボランチに明神を起用。的確に守備の修正を施したあたりは、やはり長谷川監督の手腕だろう。
【関連記事】
【ゼロックス杯】G大阪×浦和|採点&寸評「三冠王者が好発進!」
【G大阪】さらなる高みへ 宇佐美貴史が掲げる「下半身&スタミナ強化」
【ACL第1節】G大阪 0-2 広州富力|攻守に精彩を欠き、四冠へ暗雲漂うスタートに
【ゼロックス杯|浦和レポート】昨年末から続く「失点癖」。那須、平川が挙げた守備再建へのポイント
【J新指揮官の肖像】甲府・樋口靖洋監督|「魅力あるサッカー」を追求する叩き上げの指導者

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ