【浦和】GK西川周作│日本一への挑戦

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2015年02月26日

「昨年から悔しい想いしかしていない」。目標は、目に見える結果を出すこと――。

浦和のタイトル奪取には、この男の活躍が不可欠。今季はペトロヴィッチ監督から、よりリベロに近い役割も求められているという。 (C)佐藤 明

画像を見る

「昨年から、悔しい想いしかしていませんからね。ただ、きっとこの経験を経て、強くなれるはずだと信じています」
 
 浦和のGK西川が決意のシーズンに臨む。
 
 浦和へ移籍した昨季、失点数をリーグ3位となる32に抑えた。これは浦和にとって、過去7年間で最少である。
 
 チームとして10節の横浜戦から7試合連続無失点のJリーグ記録を打ち立てるのに貢献し、個人としてもシーズン16試合完封という新記録を作った。
 
 13年に「J2に降格していてもおかしくない数字」とペトロヴィッチ監督が嘆いたワースト6位タイの56失点を喫した守備は、1年で明らかに変貌を遂げた。チーム全体が守備意識を高めたこともあるが、その守備再建の象徴的存在は、間違いなく西川だった。
 
 とはいえ、19節以降守り続けていた首位の座から残り2節で陥落。シーズン最後の3試合で一度も勝てず、優勝を逃した悔しさはやはり大きかった。
 
 その一方で、「決して、ずっと落ち込みはしませんでした」と言う。
 
 なぜなら、優勝できなかった理由をしっかり受け止めていたからだ。
 
「悔しかったけれども、結果はしっかり受け止めました。理由は力が足りなかったから。自分たちに足りないものがあったから」
 
 その足りなかったものとは――。
 
「広島でリーグ2連覇を達成した時は、ここぞという試合に勝ったり、最低でも引き分けたり、そういう勝負強さがあっての優勝でした。そこがレッズに足りなかった。チームのみんなが感じていると思います。
 
 今年もきっとそういう同じ状況が来るはず。その究極の時に、その経験をどう活かせるか。そこはむしろ楽しみにしています」
 
 今季再び、むしろ昨季以上に重圧のかかる日々が訪れた時、守護神は「その究極の状態を楽しみにしている」と言うのだ。
 
 加えて日本代表でも思うように出場機会を得られず、唇を噛み締めてきた。アジアカップでは一度もピッチに立てないまま、終戦を迎えた。
【関連記事】
【ACL第1節】水原三星 2-1浦和|粘り強さに欠ける戦いで終盤の逆転を許す
【取材こぼれ話】橋本和×宇賀神友弥│浦和の両翼は、まるで兄弟のような絶妙な呼吸
【トレーニングマッチ】興梠が3試合連続弾! 浦和が蔚山現代とのTMで1勝1敗
【浦和】ひと足早く春到来!? 期待の攻撃陣に大収穫ありの磐田との2連戦
サポーターから愛されたふたりのGKが大宮で邂逅 加藤順大と塩田仁史、それぞれのストーリー

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ