【J1採点&寸評】仙台0-1横浜|帰ってきた守護神が攻守両面で存在感!劇的弾の呼び水となったキーマン、采配は?

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2020年08月02日

仙台――最後の最後で粘り切れず

【警告】仙台=なし 横浜=喜田(58分)、松原(90+3分)
【退場】仙台=なし 横浜=なし
【MAN OF THE MATCH】朴 一圭(横浜)

画像を見る

[J1リーグ8節]仙台0-1横浜/8月1日(土)/ユアスタ

【チーム採点・寸評】
仙台 5.5

前節大量失点の反省からメンバーを入れ替え、2ボランチとする守備重視の戦い。終盤までよく粘ったが、最後の最後で守り切れず失点。ボールを奪う位置がゴールから遠く、攻撃の迫力が落ちてしまった。

【仙台|採点・寸評】 
GK
27 ヤクブ・スウォビィク 6.5

最後はM・ジュニオールにゴールを許したが、川崎戦では見せられなかった本来のシュートストップの確実さを取り戻し、再三のファインセーブでピンチを救ったことは評価できる。

DF
36 柳 貴博 5.5

前半は対面の仙頭に対し、フィジカルで勝ったこともありうまく守備で対応できていたが、後半、大津のスピードや巧みな位置取りに対して対応に苦しみ始め、結果的に失点は自身のサイドからだった。

43 アピアタウィア久 6
初出場で「緊張した」と話したが、E・ジュニオをフィジカル勝負で抑え込み、ハイボールをよくはね返し、守備の安定に貢献した。前に出てあっさりかわされる場面があったことと失点に絡んだ部分は課題。

13 平岡康裕 6
アピアタウィアとのコンビネーションは絶妙で、ゴール前最後のところで何度も身体を張ってゴールを守り続けた。失点の場面は予想外のところにボールがこぼれ、不運もあった。
 
MF
14 石原崇兆 6
(58分OUT)
得点にはつながらなかったが、持ち味の緩急のメリハリが利いたドリブルでいくつか決定機に絡んだ。守備でもよく身体を張って奮闘していたが、対面の小池や水沼への対応に苦しむ場面が増えたところで交代。

5 椎橋慧也 5.5
吉野とボランチでコンビを組む形に変わったことで、守備で以前よりも余裕が出て、球際への強さを見せることはできていたが、攻撃の起点となるプレーは少なかった。

16 吉野恭平 5.5(81分OUT)
センターバックからボランチへと変わりようやく持ち前の対人守備の強さと、パスセンスが生きた。守備を安定させるという最低限のノルマは達成したが、攻撃に移った時のパスでもう少し精度を見せたかった。

7 関口訓充 5.5(81分OUT)
トップ下でよくボールに触り、攻守でハードワークしたが、攻撃時ボールロストする場面が多かった。アピアタウィアに合わせたコーナーキックは見事だったが、プレースキックをゴールにつなげるまであと少し。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ