【J1採点&寸評】名古屋0-1柏|敵地でワンチャンスを決めきる大人の戦い。MOMは4戦連発の点取り屋

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2020年08月02日

名古屋――決勝点の場面を除けば概ね悪くない内容だっただけに…

【警告】名古屋=稲垣(32分)、J・シミッチ(53分) 柏=山下(23分)、中村(28分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】オルンガ(柏)

画像を見る

[J1・8節]名古屋0-1柏/8月1日/豊田ス

【チーム採点・寸評】
名古屋 5.5

ピッチ状態の悪さもあってボール支配に手間取り、阿部浩之と米本拓司を欠いた布陣はいつもの迫力をも欠いた。決勝点の場面を除けば概ね悪くない内容だっただけに、粘り切れなかった部分に無念さが残る。
 
【名古屋|採点・寸評】
GK
1 ランゲラック 5.5

失点の場面はコンタクトを恐れずに突っ込んでいったが、柏の点取り屋に先を取られた。クロス対応に飛び出す場面も安定していただけに、あの場面だけに悔いが残る。

DF
26 成瀬竣平 5.5(78分OUT)

得意科目となってきたパス出しと勘を利かせた守備はできていたが、前線の不調の中で決定機を生み出すには至らず。 

3 丸山祐市 5.5
持ち前のキックに精度を欠き、せっかく奪ったボールをみすみす渡してしまうイージーミスも散見された。ゴール前の守備には安定感があったが…。
 
4 中谷進之介 5.5
オルンガとのマッチアップに文字通り身体を張り、吹っ飛ばされつつも食らいついていった。失点の場面は突発的なものだったが、DFとしては悔やんでも悔やみきれない。

23 吉田 豊 5.5
攻守ともに安定感あるプレーはいつも通りも、前線に起点ができない中ではその動きにも機能性がなかなか上がっていかなかった。

MF
8 ジョアン・シミッチ 5.5

空中戦ではオルンガと渡り合い、ゲームメイクも一手に引き受けたが、前線にボールが落ち着く場所がなければ自慢のパス回しも空転するばかりだった。

25 前田直輝 5.5(67分OUT)
トップ下を中心に前線を動き回ったが、開始8分ほどで左足首を痛め、以降はテーピングをして気合のプレー。しかし激痛に運動量もスピードも落ちていく一方だった。

15 稲垣 祥 5.5
大分戦での負傷もギリギリで調整が間に合い、そこからフル出場。阿部と米本の欠場を補うようにボックスからボックスへと疾走し、チームを鼓舞し続けた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ