【大宮】7月11日ホーム東京V戦は喪章を付けてプレー――Jリーグ入りに尽力したクラブの恩人に哀悼の意を込めて…

カテゴリ:Jリーグ

松澤明美

2020年07月10日

大宮のサッカー界へ尽力した松沢喜久夫氏への哀悼の意を込め…

7月11日にホームで開催される4節東京V戦では、選手・スタッフが喪章を付け、キックオフ前には黙とうを行なう予定だ。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 大宮アルディージャにとって特別な人物が6月27日、この世を去った。

 クラブのJリーグ入りに力を尽くし、長年にわたって支えてきた、さいたま市サッカー協会理事長の松沢喜久夫氏が享年68歳で永眠。チームは7月11日にホームのNACK5スタジアム大宮で行なわれる東京ヴェルディ戦で喪章をつけて戦う。

「松沢さんがいなければ今の僕がいないと言っても過言ではない」
 
 そう話すのは“大宮のレジェンド”、地域プロデュース部コーチの金澤慎氏だ。大宮ユース1期生の金沢氏は昨季に18年間の現役生活を終えた。東京ヴェルディ1969に期限付き移籍の2年間を除く、16年間をオレンジのユニホームでプレー。大宮への愛着は人一倍強く、「松沢さんが引いてくれたレールの上を進ませていただいた」と別れを惜しむ。

 1996年12月、Jリーグは99年から2部制になると発表。大宮市出身の松沢氏は同市サッカー連盟有志代表として招致へ乗り出す。97年1月に『大宮にJリーグ呼ぼう会』を立ち上げ、署名活動をスタート。松沢氏らの奔走により、署名は5万人近く集まった。5月に大宮市長へ要望書とともに提出し、6月にはNTT関東支社にJ2加盟申請の要望書を渡した。

 当時、NTT関東サッカー部監督を務めた清水隆氏(現大宮シニアマネージャー)は「僕が会社へ、松沢さんは行政を中心に働き掛けてくれた」と“戦友”との日々を振り返る。NTT関東サッカー部は8月にJリーグへJ2の参加申請し、12月に承認。清水氏は「『絶対にプロ化しよう』と一緒に頑張った。松沢さんがいなければ大宮はない。偉大」と回顧する。

 99年のJ2参戦が決まり、“大宮アルディージャ”が誕生。それは地元のサッカー少年たちに夢を与えた。

 中学時代に署名活動にも参加した金沢氏は生粋の“大宮っ子”。隣の浦和市からは93年の開幕時に浦和レッズが参入しており、「大宮にプロチームができて、浦和と対戦するのが大きな目標になった」と金沢氏。埼玉の名門・武南高校出身で大宮の育成部ヘッドオブスカウトの斉藤雅人氏は、「Jリーグでプレーできる可能性があるのは魅力的」と98年に駒澤大からNTT関東サッカー部へ入った。そして、ふたりの願いは叶う。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ