【J1採点&寸評】仙台1-2浦和|1G1Aの助っ人FWと浦和通算100点目の興梠が圧巻のクオリティ!最高殊勲に選んだのは…

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2020年07月09日

仙台――内容は悪くないがあと一歩クオリティを追求したい

【警告】仙台=なし 浦和=柴戸(6分)
【退場】仙台=なし 浦和=なし
【MAN OF THE MATCH】レオナルド(浦和)

画像を見る

[J1リーグ3節]仙台1-2浦和/7月8日(水)/ユアスタ

【チーム採点・寸評】    
仙台 5.5

ルヴァンカップで大敗した浦和に対し、組織的な守備で対抗したが、前半終了間際に失点。後半に選手交代から攻撃を活性化させ、すぐ同点にしたが追加点を奪えず、再び守備の綻びを見せ失点し敗戦。内容は悪くないが、攻守ともあと一歩クオリティを追求したい。

【仙台|採点・寸評】 
GK
24 小畑裕馬 5.5

2点とも責められない失点ではあるが、実績豊富な一流のFWへの対応にはまだ課題がある。それでもファインセーブを再三見せるなど、高卒1年目としては十分な出来。

DF
3 飯尾竜太朗 5

活動量は豊富だったが、守備では対面の山中や汰木への対応に苦慮する場面が目立ち、攻撃にもあまり絡むことはできなかった。

16 吉野恭平 5
2失点とも相手のキーマンであったレオナルドを決定的な場面で離してしまい、失点につながった。攻撃の起点としては質の高いプレーを見せていただけにもったいなかった。

39 金 正也 5
吉野同様、攻撃につながるパス出しや、積極的に前へ出て攻撃に絡む姿勢は見せたが、1失点目はレオナルド、2失点目は興梠を止められなかった。

36 柳 貴博 5.5(81分OUT)
前半は時折相手陣内深くまで入り込み、クロスで決定機をつくったが、後半は対面のマルティノスの対応で守勢に回る時間が増えた。

MF
7 関口訓充 6

中盤で闘志あふれるプレーを見せ、守備面で力強くボールを奪い、決定機につなげた。後半山田のゴールではアシストした赤﨑へ正確なパスを出していた。

5 椎橋慧也 5.5
アンカーとして守備でも、決定機をつくり出すパスの面でも奮闘していたが、攻守両面であと少し質を上げ、決定的な仕事ができるようにしたい。

26 浜崎拓磨 5.5(HT OUT)
インサイドハーフとして守備面では健闘。攻撃面では決定機にいくつか絡んだが、プレー精度を欠き、ゴールにつながるプレーは生み出せず、前半で途中交代。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ