「厄介者」イカルディを高額売却&セリエA復帰阻止! インテル強化部門は素晴らしい仕事ぶりだ

カテゴリ:移籍情報

白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト)

2020年06月03日

移籍金はコロナ禍で下がったが十分な額だ。

妻ワンダ・ナラがこうるさいイカルディ。パリSGへの完全移籍が決まった。(C)Getty Images

画像を見る

 マウロ・イカルディのディールは、実に興味深いものだった。現地時間5月31日に正式発表されたのが、このアルゼンチン代表FWのインテルからパリSGへの完全移籍だ。
 
『スカイ・イタリア』など現地メディアによれば、移籍金は5000万ユーロ+ボーナス700万ユーロ。さらに、パリSGが1年以内にイタリアのクラブにイカルディを転売すれば、さらに1500万ユーロが上乗せされる契約だという。昨夏に獲得に興味を示したユベントス、ミラン、ナポリ、ローマなどが、今夏に動けないようにするためだ。
 
 昨夏にイカルディがインテルからパリSGにレンタル放出された際は、7000万ユーロの買取り条項が付いていた。しかしコロナ禍を受けてサッカー界全体の移籍金相場が下落し、両クラブが再交渉。上記のような金額で合意したという。それでもこれは、インテルの売却益では史上2位の高額だ。
 
【インテルの歴代売却益ベスト5】
1位:ズラタン・イブラヒモビッチ(6950万ユーロ/→バルセロナ/2009年)
2位:マウロ・イカルディ(5000万ユーロ+ボーナス700万ユーロ/→パリSG/2020年)
3位:ロナウド(4500万ユーロ/→R・マドリー/2002年)
4位:マテオ・コバチッチ(3800万ユーロ/→R・マドリー/2015年)
5位:マリオ・バロテッリ(2950万ユーロ/→マンチェスター・C/2010年)
 
 イカルディは2013年夏にサンプドリアからインテルに加入して瞬く間にエースに成長。12-13シーズンから18-19シーズンのセリエAで記録した計121ゴールは、ゴンサロ・イグアイン(117ゴール)やチーロ・インモービレ(99ゴール)を超えるリーグ1位という稀代の点取り屋だ。
 
 しかし、16年に出版した自伝で一部インテル・ファンを批判して物議を醸し、さらに代理人も務める妻ワンダ・ナラもテレビやSNSでチームや契約に関する余計なことを何度も吹聴。こうした騒動が続いて契約延長交渉も難航し、19年2月にはキャプテンマークを剥奪され、約1か月に渡ってチームから外された。
 
 そして昨夏は、いわゆるトラブルメーカーを嫌うアントニオ・コンテ新監督から戦力外を食らってチームから外され、イカルディ側が提訴する構えも見せるほど関係が悪化。紆余曲折の末、メルカート最終日にパリSGへのレンタル移籍が決まったのだった。
 
【関連記事】
「整形は胸だけ」「浮気はした」「18歳で…」イカルディ妻が赤裸々発言を連発!
インテル史上最高の外国人選手は? 1万2000人のファン投票で1位に輝いたのはーー
超高額ランボルギーニが大破! パリSGのポーランド人GKに祖国英雄は「何様でそんなクルマを…」
「モウリーニョは扱いやすい」ラ・リーガ元主審の赤裸々告白が話題に「グアルディオラの方が…」
「ハマってなかった…」デパイが“赤い悪魔の7番”を捨てた理由はデータ分析? 退団時の舞台裏とは――

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ