インテル史上最高の外国人選手は? 1万2000人のファン投票で1位に輝いたのはーー

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年06月03日

16人がノミネート

インテルの「最強レジェンド決定戦」にノミネートされた(左上から時計回りで)サネッティ、ロナウド、カンビアッソ、マイコン。
(C) Getty Images

画像を見る

 最強とも言われる選手が、必ずしもそのクラブのサポーターにとって最高の選手とは限らない。

 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は最近、かつて長友佑都も在籍したインテルにおける「史上最高外国人選手」のアンケートを実施した。ファンが選んだのは、元主将ハビエル・サネッティだ。

 アンケートは、同紙が事前に選んだ16名の候補をトーナメント形式で競わせるかたちで行われた。ノミネートされたのは、ロナウド、サネッティ、ルイス・スアレス、ローター・マテウス、ディエゴ・ミリート、サミュエル・エトー、カール=ハインツ・ルンメニゲ、マイコン、ジャイール、エステバン・カンビアッソ、アンドレアス・ブレーメ、ヴェスレイ・スナイデル、ジュリオ・セーザル、マウロ・イカルディ、ズラタン・イブラヒモビッチ、ユーリ・ジョルカエフの16人だ。

 1回戦は、ロナウドがジョルカエフ、マイコンがジャイール、マテウスがJ・セーザル、ミリートがスナイデル、エトーがブレーメ、スアレスがイカルディ、カンビアッソがルンメニゲ、サネッティがイブラヒモビッチに勝利した。

 準々決勝は、ロナウドがマイコン、ミリートがマテウス、スアレスがエトー、サネッティがカンビアッソに勝利。準決勝はロナウドがミリート、サネッティがスアレスを下してファイナルに進んだ。
 
 そして迎えた決勝、約1万2000人のユーザーのうち、63.4%がサネッティに投票。“怪物”ロナウドの36.6%に大差をつけ、背番号4を纏ったカピターノ(主将)が頂点に立った。

 サネッティは1回戦でイブラヒモビッチ相手に90%、準々決勝でカンビアッソ相手に91.1%、準決勝でスアレス相手に74.3%の得票率。いずれも大差をつけての優勝となっている。

 もちろん、あくまでもネット上のユーザー投票の結果ではある。だが、長年にわたってチームとクラブを支え、2010年の3冠をはじめとする数々のタイトルに貢献し、現在も副会長としてインテルの発展に寄与しているサネッティが、サポーターから愛されている証拠と言えるだろう。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ