アグエロ、コンパニ、シルバで悩んだ結果――。現地番記者が選ぶ「過去20年のマンC・レジェンドTOP10」

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年04月16日

テベスのランクインは賛否両論あるだろうが…

トップ10は、マンCをメガクラブへと押し上げたこの10年の主力たちが独占した。 (C) Getty Images

画像を見る

 欧州ビッグクラブでいわゆる“レジェンド”と呼ばれるプレーヤーを、「2000年以降のチームの勝利や発展、タイトルの獲得、クオリティーアップにどれだけ大きく貢献したか」という基準で、現地記者に格付けしてもらった。

 デイリー・テレグラフ紙のジェームズ・ダッカー記者が選出したマンチェスター・シティのレジェンドTOP10は――。

―――◆―――◆―――

  アグエロ、コンパニ、シルバの3人で悩んだ1位は、僅差でアグエロに。過去8年で20ゴール超えが実に6シーズン。通算254ゴールはクラブレコードだ。11-12シーズンの最終節(QPR戦)、93分20秒に逆転ゴールを叩き込み、44年ぶりのリーグ優勝を手繰り寄せたあの一撃はすでに語り草だ。

 その11-12シーズンから主将を務めたコンパニが2位。アグレッシブかつ安定した守備で最終ラインを統率し、ピッチ外でも精神的支柱として頼りになった。急速に発展を遂げた新興クラブを見事に束ねた彼のリーダーシップなくして今の栄光はない。

 入団した10年から一貫して世界最高レベルのプレーを示し続けてきたシルバが3位。今シーズン限りでクラブを去るが、その穴を埋めるのは容易ではないだろう。
 4位にはワールドクラスに成長したデ・ブルイネを選出。勝点を100の大台に乗せて優勝した17-18シーズンは、とりわけ圧巻のパフォーマンスだった。

 テベスの5位は賛否両論があるだろう。ただ、現場で取材してきた筆者の目には、彼のパフォーマンスはスペシャルに映った。09年からの2年間は52ゴールを叩き出している。11年9月のバイエルン戦でマンチーニ監督の途中出場の指示に背くという事件も起こしたが、それでも好調時のインパクトは特大だった。

 6位と7位は、それぞれグアルディオラ体制で重要な仕事を果たしているスターリングとフェルナンジーニョ。前者はスペイン人指揮官の下でスコアラーとして覚醒し、欧州屈指のアタッカーに進化。後者はアンカーとCBをこなすユーティリティー性でチームを支え続けている。

 持ち前のハードワークと質の高いフリーランで右サイドを支えたサバレタ、11-12シーズンのリーグ初優勝に貢献したバリーの仕事ぶりも評価に値した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ