バルサに蔓延する“ウイルス”――メッシの声明でフロントとの溝はもはや修復不能に…【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

エル・パイス紙

2020年04月05日

真っ先に批判されるのはニューカマーという構図が

今回のメッシの声明は一致団結を呼びかけるものだったはずだが……。(C) Getty Images

画像を見る

 コロナ渦に見舞われても、カンプ・ノウに“停戦”が訪れることはない。いや、選手とフロントの亀裂は、パンデミックを境にさらに拡大した感すらある。

 今回の火付け役となったのはリオネル・メッシだった。カピタンの言葉は言うまでもなくバルセロナという巨大な山をも突き動かす強烈な威力を持っている。

 メッシは自身のインスタグラムで、給与70%カットの受け入れと、クラブ職員に支払われる賃金の削減分を補填する旨を、チームを代表して発表するとともに、フロント内に自分たちの行動を逐一チェックしながら、圧力をかけた人物がいることを明らかにした。

 両者の対立は今に始まったことではない。フロントの稚拙なマネジメントが発端となって今シーズンが開幕してからも内紛続きだったが、そうした過去の遺恨を踏まえてメッシが今回の批判に踏み切ったのは間違いない。
 
 もっともジョゼップ・マリア・バルトメウ会長はメッシと向こうを張ろうとしても、はなから負け戦に臨むようなものだ。バルサがベルリンで最後にビッグイヤー(チャンピオンズ・リーグの優勝トロフィー)を掲げて以来、フロントはその功労者たちのご機嫌を取ることに躍起になってきた。

 その一戦で先発したメンバーのうち、ダニエウ・アウベス、ハビエル・マスチェラーノ、アンドレス・イニエスタ、ネイマールが自らの意志で退団した。この中で現在復帰を望んでいるのはネイマールのみ。その他は誰一人としてカンプ・ノウを去ったことに後悔の素振りを見せている者はいない。

 その一方でメッシを筆頭としたルイス・スアレス、ジェラール・ピケ、セルヒオ・ブスケッツ、ジョルディ・アルバらが残留組になるわけだが、彼ら古参選手の実力が錆び付いたわけではない。問題は発言力が増幅して、クラブのマネジメント、あるいは監督の采配にまで口を挟むようになった点にある。

 今回の給与カット問題にしても、元はといえば選手の思うままに年俸が急騰して首が回らなくなったからに他ならない。たしかに彼らはピッチで結果を手にし続けている。ラ・リーガは連覇中で、一昨シーズンにはコパ・デル・レイも制覇。チャンピオンズ・リーグ(CL)にしても、前述の2014-15シーズン以来ビッグイヤーから遠ざかっているとはいえ、毎シーズン信頼に足るだけの成績は残している。

 そうした実績を盾に影響力を高め、タイトルを逃しても自分たちは無傷で真っ先に批判されるのはウスマンヌ・デンベレ、フィリッペ・コウチーニョ、アントワーヌ・グリエーズマンといった新参者という構図が完全に出来上がっているのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ