【連載・東京2020】西川潤/中編「憧れの選手権で1勝もできず、本当に悔しかった」

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2020年03月30日

「試合中に“煽られる”ことが多くなってきた」

連載9回目は西川潤。笑顔を交えながらインタビューに応じてくれた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 新型コロナウイルスの影響で1年程度の延期が決定した東京五輪。本連載では、本大会での活躍が期待される注目株のこれまでキャリアや夢舞台への想いに迫る。

 9回目に登場するのは、スピードに乗ったドルブルと卓越したシュートセンスで違いを作る、セレッソ大阪のルーキー西川潤だ。
 
 中学2年で全国制覇を成し遂げ、桐光学園高でも3年次にインターハイ優勝を経験。世代別代表でも活躍し、同世代のトップランナーのひとりとして走り続けてきたレフティは、これまでどんなサッカー人生を歩んできたのか。
 
 中編では、前年のリベンジを果たした高校3年次のインターハイや日本代表として臨んだ2つの世界大会について、振り返ってもらった。

前編はこちら
【連載・東京2020】西川潤/前編「いきなり10番を付けるなんて聞いてなかった。最初は先輩たちの目が…」

───◆───◆───
 

高3のインターハイでは、決勝で敗れた前回大会のリベンジを果たし、チームを優勝に導く。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

――飛び級で参加したU-20ワールドカップを振り返ると?

「肉離れで大会直前まで練習ができなくて、ぶっつけ本番のような形でした。なかなか自分の良さを出せずに終わってしまった大会でした。もっと結果を残したかったんですが」

――敗れた決勝トーナメント1回戦の韓国戦は先発出場でした。

「日韓戦ということで会場を盛り上がっていましたし、相手が捨て身でくるなかで勝てなかったのは悔しかったですね」

――代表の活動も忙しいなかで、高3のインターハイでは日本一を達成しました。

「前年の悔しさがあったので、キャプテンとしてチームにその経験を伝え、チャンスで決め切る意識を持って臨んだ大会でした。優勝できて本当に良かったと思います」

――注目されて、マークも相当きつかったのでは?

「試合中に“煽られる”場面が多くなってきた時期でしたね。外からじゃ聞こえないと思いますが、ピッチの中では結構言われてるんです(笑)。それでも日本一になれたのは嬉しかったですね」

――高校時代、勝つためにとくに努力していたことは?

「自分だけでなく、周りも動かせるようになりたいと思っていました。なので、自分が代表で得た経験をチームメイトに伝えるように意識していました。この時間帯はこのサイドをケアしたほうがいいとか、戦術的にこうボールが入ったら、連動してどう動くべきかとか。チームにプラスになっていたと思います」
 
【関連記事】
【連載・東京2020】立田悠悟/前編「『あいつらはみんな命懸けだった』サッカー観を変えた恩師の問いかけ」
【連載・東京2020】大迫敬介/前編「広島ユースは理想郷だった。高校サッカーの選択肢もあったけど…」
【連載・東京2020】杉岡大暉/前編「正直もう戻りたくない高校生活。入学当初に抱えていたコンプレックスは…」
【連載・東京2020】旗手怜央/前編「大学屈指のアタッカーはいかに育ったのか。名門”静学”を選んだ理由」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ