【ミラノ・ダービー展望】骨折のインテル守護神が強行出場? ミランはイブラヒモビッチ次第だ

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年02月08日

【インテル】ハンダノビッチは出場を熱望も…

試合の鍵を握りそうなハンダノビッチ(左)とイブラヒモビッチ(右)。(C)Getty Images

画像を見る

【セリエA23節】インテルvsミラン(現地時間2月9日20時45キックオフ/サン・シーロ)
 
【インテル】
●予想スタメン(3-5-2)
GK:パデッリ(ハンダノビッチ)
DF:ゴディン(ダンブロージオ)、デフライ、シュクリニアル
MF:カンドレーバ(モーゼス、ダンブロージオ)、バレッラ、ブロゾビッチ、エリクセン(ベシーノ)、ヤング
FW:ルカク、サンチェス(エスポージト、エリクセン)
 
 通算225回目のミラノ・ダービーは、インテル優勢との見方が少なくない。過去3回でいずれも勝利を収めているインテルは、アントニオ・コンテを新監督に迎えた今シーズンのセリエAで2位(勝点51)に立っており、8位のミラン(勝点32)と大きな力の差があるのは事実だろう。
 
 ただ、不安要素が少なくないのも事実。まずはゴールマウスだ。キャプテンにして守護神のサミル・ハンダノビッチが左手小指を骨折し、前節のウディネーゼ戦を欠場。2番手のダニエレ・パデッリは実力的に大きく劣るうえ、今シーズン出場したのはウディネーゼ戦だけで試合勘に不安を抱える。
 
 それでもハンダノビッチはダービー出場を熱望し、小指をカードする特別なグローブで強行出場するという現地報道も。ただ、先を見据えてもリスクが高すぎるのは明らかで、仮にピッチに立ったとしてもいつものような安心感は期待できない。
 
 もうひとつの不安が前線。ラウタロ・マルティネスを出場停止中で、ロメル・ルカクとの「セリエA最強2トップ」が使えないのだ。3-5-2継続ならラウタロの枠にアレクシス・サンチェスかセバスティアーノ・エスポージトが収まるが、コンテ監督は7日の練習で冬に獲得したクリスティアン・エリクセンをトップ下に置く3-5-1-1もテストしている。いずれのシステムにしろ、ラウタロが使えないのは大きな痛手だ。
 
 インテルが戦力的にも戦術完成度的にも圧倒的有利には変わらないが、攻守で大きな不安要素を抱えているのは否めない。ミランに足元をすくわれる可能性はベストメンバー時よりもかなり高いだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ