「セリエA10番の歴史」動画が秀逸だ!プラティニ、マラドーナ、バッジョ、トッティなどが登場

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年02月05日

「サッカーの歴史において、これだけ象徴的なナンバーはない」。

動画内に登場するマラドーナ(左上)プラティニ(右上)、バッジョ(左下)、トッティ(右下)。(C)Getty Images

画像を見る

 サッカーのエースナンバーである「背番号10」は、イタリアでとりわけ神格化された番号だ。守備重視の国だからこそ、攻撃では主に10番を背負うファンタジスタが極めて重要な位置を占めてきた。
 
 そんな歴史もあってだろう。セリエA公式YouTubeがこの度、『The Best Series A 10s』という動画を公開。「サッカーの歴史において、これだけ象徴的なナンバーはない」というナレーションでスタートする映像には、セリエAを彩ったナンバー10たちの妙技が次々と紹介されている。
 
 まずは「ファンタジスタの始祖」と謳われ、1969年にはバロンドールを受賞したジャンニ・リベーラ(元ミラン/元イタリア代表)をはじめ、トップ下ながら3度のセリエA得点王に輝いたミシェル・プラティニ(元ユベントス/元フランス代表)、ほぼ独力でナポリをスクデットに導いたディエゴ・マラドーナ(元ナポリ/元アルゼンチン代表)など、1980年代までのヒーローたちがスーパーゴールを披露する。
 
 さらに90年代以降の外国人スターとして、ポール・ガスコイン(元ラツィオ/元イングランド代表)、マヌエル・ルイ・コスタ(元フィオレンティーナ、ミラン/元ポルトガル代表)、ヴェズレイ・スナイデル(元インテル/元オランダ代表)などが登場。またカカ(元ミラン/ブラジル代表)も、「彼は22番を好んだが、実質的に10番の役割を担った」として特別選出されている。
 
 また、ロベルト・バッジョ(元ブレッシャなど)、アレッサンドロ・デル・ピエロ(元ユベントス)、フランチェスコ・トッティ(元ローマ)という「イタリア人ファンタジスタの系譜」も要注目。とくにバッジョは貴重なフィオレンティーナ時代やユベントス時代の映像が紹介されており、ファンには溜まらない内容だ。
 
 さらに現代のナンバー10として、ユベントスの10番を背負うパウロ・ディバラ(アルゼンチン代表)をはじめ、現在セリエAでアシスト王に君臨するルイス・アルベルト(ラツィオ/スペイン代表)、リーグ最強の攻撃力を誇るアタランタの攻撃陣を牽引するアレハンドロ・ゴメス(アルゼンチン代表)などが紹介されている。
 
 オールドファンはもちろん、ほとんどの名手をリアルタイムで知らない若いサッカーファンにも、是非ともチェックしてもらいたい秀逸の動画だ。

【動画】「セリエA10番の歴史」はこちら!
 
構成:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ