「メッシはあんなタックルを受けない」バルサ時代のマラドーナの“キレッキレ”プレー集にファン興奮! 誕生日にラ・リーガ公式が投稿

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月30日

10月30日に59歳に

バルサで2シーズンに渡りプレーしたマラドーナ。コパ・デル・レイ制覇に貢献した。(C)Getty Images

画像を見る

 アルゼンチン代表の“英雄”ディエゴ・マラドーナが、10月30日に59歳の誕生日を迎えたのを受けて、ラ・リーガ公式が祝福のツイートをしている。

「偉大なフットボールの歴史。おめでとう、マラドーナ」というメッセージとともに投稿されたのは、バルセロナ時代のマラドーナのプレー集だ。

 際立つのが足に吸い付くような“キレッキレ”のドリブルで、DFを翻弄し、GKを抜いてゴールを決めるシーンもいくつか収められている。

 激しいタックルを受ける場面が多いのも、マラドーナらしいと言えるかもしれない。

 母国アルゼンチンのボカ・ジュニオルスでプレーしていたこのレジェンドが、欧州でプレーした初めてのチームがバルサだった。1982-83、83-84の2シーズンで、公式戦58試合に出場し、38ゴールを挙げた。
 
 その後に移籍したナポリで2度のスクデット獲得に貢献し、英雄となったマラドーナは、1992‐93シーズンにセビージャで1年プレーしたが、その時のシーンは動画には含まれていない。

 この懐かしのプレー集にファンも興奮。次のようなメッセージが寄せられている。

「おめでとう、ディエゴ!」
「いままで見たきたなかで、やはりナンバーワンだ」
「サッカー以外で何をしたのかは気にしない」
「アルゼンチン史上最高の選手はディエゴだ」
「メッシはあんなタックルを受けない」
「なんでバルサのシーンだけなんだ…」

 現在はアルゼンチン1部のヒムナシアで監督を務めているマラドーナ。その伝説的なプレーは、スペインのファンの脳裏に焼き付いているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ