「カネが目当てならプレミアに行ってる!」カバーニ代理人がA・マドリー会長の“守銭奴”批判に猛反論!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月03日

破談を受けてアトレティコ会長が批判

アトレティコへの移籍交渉が破談に終わったカバーニ。この結末を巡って泥仕合が……。 (C) Getty Images

画像を見る

 今冬の移籍市場に去就騒動でサッカー界を賑わせたウルグアイ代表FWのエディンソン・カバーニは、最終的にパリ・サンジェルマンに残ることになった。

 現地時間1月31日に締まった今冬の移籍市場で、出場機会を求めてパリSGに退団を直訴していたカバーニの元には、欧州メガクラブが触手を伸ばし、とりわけアトレティコ・マドリーが熱心にアプローチ。1500万ユーロ(約18億円)での移籍金を支払うことでクラブ間合意に達していたと報じられた。

 だが、結局カバーニはパリSGに残留。スペイン紙『Marca』は、交渉が決裂した要因は、選手側が土壇場になって移籍金と同等のボーナスを要求したからだと伝えている。

 マドリードに拠点を構える『Marca』によれば、アトレティコのエンリケ・セレソ会長は、名前こそ出さなかったが、カバーニ側の振る舞いを次のようにこき下ろしている。

「これは恥だと思う。誰かと指摘したくはないが、一部の選手とその代理人や家族の状況は恥ずべきものがある」

 これにカバーニの代理人を務める実兄のワルテル・グッリェルモーネ氏が憤怒した。スペイン・メディア『Cadena Ser』の取材で、「エディンソンはパリ・サンジェルマンよりも低い給与を受け入れることで合意していた」と発言し、交渉の舞台裏を明かしたのだ。

「アトレティコは、交渉のために必要とされた金額を払うことができなかった。パリも要求額を下げなかった」

 さらにグッリェルモーネ氏は、まるで“守銭奴”にように揶揄されたことにも、痛烈に反論している。

「エディは先月、パリSGでほとんどプレー機会がなかった。それなのに私が自分のコミッションを要求して、彼のアトレティコでプレーするという夢を邪魔するなんて普通に考えてありえない。カネが目当てで、それを最優先に考えていたならば、エディは、とっくにマンチェスター(・ユナイテッド)かチェルシーか、とにかくイングランドに移籍していた。

 そもそも、エンリケ・セレソって人物はいったい誰なんだ? そんな人間は交渉の場で一度も会ったことはない。アトレティコはファンに対して、獲得を失敗した言い訳をする必要があったんだろう」

 今のまま、契約更新がなければ、今年6月にはフリーの身となるカバーニ。だが、代理人とセレソ会長が衝突している現状を考えると、アトレティコへの移籍は実現する可能性は低そうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ