「我らがサムライだぞ!」恩師ハリルが激怒した、マルセイユ酒井宏樹への猛バッシング。サポーターの想いは…【現地発】

カテゴリ:海外日本人

結城麻里

2020年02月01日

トッテナムへの移籍話も拍車をかけ…

不調をきっかけに、一部のメディアから批判を受けている酒井。 (C) Getty Imaegs

画像を見る

「サカイが批判されている???? 彼とサンソンとマンダンダは随分前からレギュラーで最も活躍している選手じゃないか」
「我らがサムライだぞ、サカイに触るな、彼を批判する奴らは愚か者だ」

 マルセイユの日本代表DF酒井宏樹がやや調子を落として酷評された問題をめぐって、こんな憤激と激励の声が上がり始めている。

 昨年10月のパリ・サンジェルマン戦(0-4で敗北)でイエローカードを食らった酒井は、累積による出場停止処分で、今季最大の山場だったリヨン戦(2-1で勝利)に出場できなかった。さらに、年明けのフランスカップの・トレリサック戦(1-1でPK戦の末に勝利)でもイエロー2枚を食らい、退場となってチームを窮地に陥れたため、批判の的となってしまった。

 このため、「どうしたのだ?」という雰囲気は確かに立ち昇った。なにしろ、フランク・パシ、リュディ・ガルシア、そして現監督のアンドレ・ヴィラス・ボアスと、すでに3人もの監督の下でマルセイユの危機を救ってきたのが酒井だからだ。

 守備があちこちでがたついても、常に献身的に走り、守り、奮戦してきた。そのおかげでマルセイユはチャンピオンズ・リーグ(CL)を狙える位置まで辿り着いたと言っても過言ではない。それだけにファンは、このSBの不調に首を傾げたのだった。

 プレミアリーグのトッテナムが関心を示したとの報道があった時も、「マルセイユへの愛が揺らいだか?」と一部ファンに疑念を抱かせた。フットボールが宗教のごとく君臨するマルセイユだけに、「心離れ」は何より重大だからだ。

 だが、ほとんどのマルセイユ・サポーターは、とくに大きな批判を噴出させたわけではなかった。だからこそソーシャルネットでも「????」がついたと言える。

 地元以外のマルセイユ・ファンも同様だった。パリ近郊でも、「サカイに批判?」、「たしかにこのところのプレー疑問だが、サカイのような選手を非難するなんてあり得ない!」、「いくらマルセイユ人は忘れっぽいと言っても、サカイの貢献を全員が忘れるなんてことはない!これから試合はいくらでもある。少し休んでリスタートだ」といった声が相次いでいる。

 批判はむしろメディアから出たもので、それも酒井の不調という「意外性」が「売れるネタ」だったからだろう。絶不調だったジョルダン・アマヴィが問題のパリSG戦から絶好調となり、対照的な活躍を見せていたことも、好奇心をそそったかもしれない。まポジションを争うブナ・サール支援派がいるのも確かだが、ビッグクラブであれば、健全な競争は当然だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ