「メッシ抜き」の守備戦術を巡るスタッフとの衝突――こうしてバルベルデはバルサの指揮官を解任された【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

エル・パイス紙

2020年01月27日

「ひとりでも裏切り者が出たらハイプレスは機能しない」

リーガでは首位に立ちながら、電撃解任されたバルベルデ(左端)。メッシ自身との関係は良好だったが……。(C)Getty Images

画像を見る

 エルネスト・バルベルデがバルセロナの監督在任中にもっとも悩まされた問題がハイプレスだ。その位置を巡ってクラブの戦略スタッフと議論になったことは一度や二度ではない。

 戦略スタッフが提案したのは、バルサの定番システムである4-3-3の導入だ。ポゼッションの肝であるハイプレスもセットとして位置づけ、バルベルデに対しても、伝統のスタイルの継承を進言した。ただ彼は就任当初からその有用性について懐疑的だった。最大の焦点となったのがリオネル・メッシの扱いだ。

 バルベルデの言い分はこうだ。4-3-3でハイプレスを実践するには、前線3枚が相手の動きに応じて明確にタスクを分担しなければならない。通常は左FWが右SB、CFが両CB、そして右FWに入るメッシが名目上は左SBを担当する。しかしメッシはもう何年も前から攻撃に専念するため、相手SBを追い回すような動きを見せない。そこを突かれることでフリーになった相手DFに余裕を持ってボールをキープする状況を作られてしまっては元も子もない。そう考えたバルベルデは、代案としてミドルプレスを軸にしたフラット型の4-4-2を提示した。
 
 ファンマ・リージョ(元ヴィッセル神戸監督)はこのバルベルデの案に賛同する。

「そもそも前線3枚で5人(GK、両CB、両SB)をプレスするのは、簡単なことではない。自分たちが比重を置くゾーンからビルドアップさせるように仕向けることになるが、もちろん相手チームはその逆を狙う。1000人の戦士をもってしても、そのうちひとりでも裏切り者が出たらハイプレスは機能しないと言われる。仲間の努力を無駄にしたくない、という強い責任感を持ってタスクをこなせる選手が必要不可欠なんだ」

 バルサの戦略スタッフは、このメッシを議題に上げて反論するバルベルデの振る舞いを、自身が好む4-4-2を採用するための口実だと考えた。事実、彼のフットボールは年々、メッシとルイス・スアレスの得点力に依存する縦に速いスタイルへと傾倒していた。

 バルベルデがヨハン・クライフ率いるバルサでプレーしたのは有名は話だが、その前に在籍したエスパニョールでスペイン版カテナチオの権化であるハビエル・クレメンテの愛弟子であったことを忘れてはならない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ