「戦えて良かったよ」「日本一の思いは任せたぞ」青森山田と戦うことを選んだ先輩と、連覇へ向け邁進する後輩の物語

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2020年01月06日

小学生時代にリベロ津軽SCのチームメイトだった二人が選手権の舞台で激突

小学生時代にチームメイトだった青森山田の藤原(左)と昌平の西澤(右)。選手権の舞台での対戦が実現した。写真:早草紀子

画像を見る

[高校選手権準々決勝]青森山田3-2昌平/1月5日(日)/等々力

 前半だけで3点のリードを奪った青森山田に対し、昌平は後半に猛攻を仕掛けて1点差まで迫ったが、あと一歩届かなかった。

 昌平の左サイドバックの3年生・西澤寧晟は試合後、嗚咽を交えながら泣きじゃくっていた。スタンドへの挨拶を終え、ロッカールームへ繋がるメインスタンド下のコンコースに降りて行く時、視線の先に青森山田の選手の姿が映った。その選手は2年生CBの藤原優大だった。藤原が「一緒に戦えてよかったよ」と伝えると、西澤も「日本一の思いは任せたぞ」と伝え、2人は抱き合った。

「小学校の時にずっと一緒にサッカーをやってきた。昨日連絡をとったばかりなのですが、ずっと戦いたかった」と藤原がこう振り返ったように、2人は小学校時代に青森のリベロ津軽SC U-12でチームメイトだった。西澤はそのままU-15に進んだが、藤原は青森山田中に進んだ。

「県トレで青森山田中の選手と一緒にプレーすれば、普通にやれていたのですが、やっぱり青森山田中は県内でも飛び抜けた存在で、いざ対戦相手となると全く勝てませんでした。青森山田高校に進学するという選択肢もあったのですが、負けっぱなしの状態で入るのではなくて、やっぱり高校で青森山田に勝ちたいという気持ちが強かった。その中で昌平のサッカーを見て、ここでプレーしたいと思ったので練習会に参加し、ここに来ました」(西澤)

 そして3年の時を経て、再び両者が対峙する時がやってきたのだった。西澤、藤原ともにチームの守備の要としてピッチに立ち、ベスト4を懸けて激しくぶつかり合った。36分にはロングスローから2人が競り合い、藤原が背中からピッチに落ちると、うずくまる藤原を西澤が気遣い、背中を伸ばすストレッチを手伝って、最後はハイタッチを交わした。

 激戦となった試合は、3-2で青森山田に軍配が上がったが、藤原も西澤も最後の最後まで声を出し、最終ラインを鼓舞しながら、身体を張ったプレーを出し切った。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ