青森山田の1年生ボランチ・松木玖生が“夢の舞台”での得点に意欲! 難敵、昌平撃破の要因は!?【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb)

2020年01月05日

ボランチでコンビを組む古宿へは厚い信頼を寄せる

次戦、“夢の場所”だという埼玉スタジアムでの活躍を誓う松木。写真:滝川敏之

画像を見る

 1月5日、高校サッカー選手権・準々決勝、青森山田(青森)対昌平(埼玉)の一戦が等々力陸上競技場で行なわれ、3-2で前回優勝校の青森山田が準決勝への切符を手にした。
 
 球際の強さと縦に速い攻撃で、立ち上がりから攻勢に出る青森山田は10分、右サイドからのクロスをゴール前で受けたMF浦川流輝亜(3年)が、粘り強くゴールにねじ込み先制。さらに19分にも、相手DFのミスからMF後藤健太がシュートを突き刺し2点をリード。前半終了間際にもエース武田英寿(3年)が追加点を挙げ、3-0で前半を折り返す。

 昌平の細かく繋ぐパスサッカーに対し、コンパクトな守備で隙を与えない青森山田だったが、後半9分にカウンターを受けて失点。同35分にもFW山内太陽(3年)に追加点を奪われる。それでも最後まで集中を切らさず、リードを守り切った青森山田がベスト4へ駒を進めた。
 
 ボランチとして積極的にボールを受けてカウンターの起点となるなど、堂々としたプレーを見せた1年生MF松木玖生は、大舞台で落ち着いてプレーするための秘訣を明かした。
 
「自分はとくに緊張はしないんですけど、試合前は自分なりに気持ちを入れて、あまり人と話す機会を作らないで自分の気持ちを高めていくタイプなので、そういう意味では良い準備はできたのかなと思います」
 
 対戦相手の昌平は、一昨年のインターハイで敗れた相手だ。当時松木は中学3年生であったが、試合前にその敗戦を踏まえ、監督からアドバイスがあったという。
 
「去年の夏のインターハイで昌平に負けた時は、前の5枚が前線に残ってしまって、後半にやられてしまった。今回は守備に回る時間帯が多くなると思ったので、守備めに行きました。相手は全員、ドリブルがすごく上手くて、前のパスだったりで仕掛けてくるんで、そういう部分ではうまく我慢できたなと思います」
 
 その言葉通り、青森山田は立ち上がりから攻め急がず、昌平にあえてボールを持たせて、ボール奪取からここぞという場面で速攻を仕掛け、前半だけで3得点を奪った。その中心にいたのが、「信頼関係がすごく厚い」という古宿理久とのボランチコンビだ。試合を重ねるごとに、ふたりの連係は良くなっていると松木は自信を覗かせる。
 
 11日に行なわれる準決勝の相手は、Jクラブ内定3名を擁する帝京長岡(新潟)。舞台は埼玉スタジアム2002だ。
 
「自分のひとつの夢の場所でもありますし、そこで良いプレーをして、チームに貢献して、なおかつ得点も決められたら、(監督への)すごく良いアピールになると思うので、そういうところを頑張っていきたいと思います」
 
 次戦、青森山田の怪物ルーキーは、自身にとって“夢の場所”と語るスタジアムで結果を出し、チームを決勝へと導けるだろうか。

【選手権PHOTO】青森山田3-2昌平|前回王者が昌平の追い上げをかわして"2連覇"へ前進! 

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ