• トップ
  • ニュース一覧
  • 高校女子サッカーに新星! 部員わずか”13名”のAICJはいかにして選手権行きの切符を掴んだのか

高校女子サッカーに新星! 部員わずか”13名”のAICJはいかにして選手権行きの切符を掴んだのか

カテゴリ:高校・ユース・その他

西森彰

2020年01月01日

部員ひとりでスタートした「AICJ女子サッカー部」

12名の1年生と1名の2年生。中国大会で堂々3位に食い込んだAICJの実力はダテではない。写真提供:AICJ

画像を見る

 高校女子サッカー界は、頂点を狙うニューフェイスが次々と誕生している。

 その代表格は、創部5年で昨年の高校女子サッカー選手権を制した星槎国際湘南だろう。そして今年度、広島からも、頂点を目ざす新星が現れた。学校名はAICJ。13名の部員で、広島県予選、中国大会を突破し、全国の舞台に上がる。

 同校の指揮を執る小川潤一監督は、かつて名古屋グランパスU-18でプロを目ざした。しかしトップチーム昇格は叶わず、大阪体育大に進学。そして3年時に、選手から指導者へ目標を変更した。

「大学2年までは真剣に選手を目ざしていたんですけれども、そこで伸び悩んだという部分もあって、大学3年の時に指導者の道を志しました。大学の B チームの監督などをしていた頃、当時の監督さんに相談をして、短期間でしたが、本田圭佑選手がいた時期の星稜高校で外部コーチをしました。自分は B チームのほうを主に見ていたので、実際には彼のプレーを指導していたわけではないんですけれども」

 大学卒業後、広島に戻り、シーガル広島で本格的に指導者としてのキャリアをスタートする。のちにサンフレッチェ広島へ進み、年代別代表へと駆け上がった野津田岳人を指導したのが、ちょうどこの時期だ。

「彼は小2から4、5年、見ていました。もう、全然、違いましたね。小2でインサイドキックをバンバン蹴ることができるし、駆け引きもできるし……。『こういう子がプロになるんだろうな』というイメージは持っていました」
 
 最初はスクールとして誕生したシーガル広島。実績を積みながら、徐々に組織を拡大させ、やがて15歳以下の女子を対象とした、シーガル広島レディースを創設する。
 
「女子のほうは2015年に立ち上げました。この時、中1は井上歩乃華を含めて5人。小5、小6その他の小学生を含めて20人ぐらいのチームでした。今の高1のメンバーにも、小学生からやっていたメンバーが5人いますね」

 現在はFリーグに所属する広島エフ・ドゥでプレーしていた小川監督は、「サッカーとは別のスポーツだけれど、共通項も多い」と、チームをフットサルの大会にも積極的に参加させた。そして2018年、シーガル広島レディースは、全日本U-15女子サッカー選手権に初出場を果たし、年明けの全日本U-15女子フットサル選手権ではベスト4まで進んだ。

 
 小川監督には、シーガル広島レディース立ち上げ時から「将来的にはU-18でも」という構想があった。ただ高校では、中学校以上に各校ごとのスケジュールや環境の違いが大きくなり、活動に支障をきたすクラブチームが少なくない。
 
 そこで、小川監督がアプローチした先が、AICJ高校だった。学校関係者が、この構想を快く受け入れ、2018年、AICJ高校女子サッカー部が誕生した。

「本当は『U-18のクラブでやろうかな』という構想があったんですけれども、AICJ高校にお話を持っていってお願いしてみたら『じゃあ、やってみよう』と快諾いただいたので、もう高体連チームとしてやっていこうと」

 最初の部員は、井上歩乃華ただひとりだった。シーガル広島レディースの立ち上げ時に中学1年生だった同期生4人は、別の学校に進学したが、彼女はAICJ でサッカーを続けることを選んだ。

「初めてクラブチームに入ったのがシーガルで、なにもかもが初めて。背番号をもらったのも、スパイク、ユニホームを揃えたのもシーガルが初めて。最初はパスもままならなかったんですけれども、みんなに遅れないように、毎日、必死に頑張りました。初めてのコーチが、潤さんだったし、どこかで潤さんに付いていきたいなというのがあって……。他の友だちも AICJ に行こうかどうか考えていたらしいんですけれども、最終的にはひとりになりましたが、それでも潤さんのもとで頑張りたいと思って決めました」(井上)

 もちろん、部員ひとりでは練習もできない。井上は、これまで通り、シーガルの練習に参加しながら、1年間、仲間が増えるのを待った。翌年、全日本U-15女子サッカー選手権に出場したメンバーを中心にシーガル広島から10名、その他の学校から2名、合計12名が、AICJ女子サッカー部に入部。チームとして本格スタートを切った。

「井上には感謝しています。彼女が初年度から部員になってくれたことで、翌年から公式戦に出場できる礎ができました。今年、公式戦に出られるようになり、約束を果たせたことにホッとしました」(小川監督)
【関連記事】
令和初の高校サッカー選手権が開幕目前! 編集部厳選の“スター候補”たちを一挙紹介!~女子編
「美男美女やん」「2人ともかっこいい!」日本代表の南野拓実&岩渕真奈が貴重なツーショットを披露!
なでしこJの宮澤ひなたを擁しても1勝もできなかった星槎国際湘南はなぜ高校女子日本一に辿り着けたのか?
【高校サッカー勢力図】2019選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキング!! あなたの出身地は何位?
令和初の高校サッカー選手権が開幕目前! 編集部厳選の“スター候補”たちを一挙紹介!~MF編

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ