【U-22代表|ジャマイカ戦のスタメン予想】前線トライアングルは、安部、前田、旗手か。ウイングバックは新顔ふたりが有力

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2019年12月27日

ボランチコンビは中山&松本

 U-22日本代表は12月28日、トランスコスモススタジアム長崎でキリンチャレンジカップのU-22ジャマイカ戦に臨む。来年7月の東京五輪に向け、今年最後のテストマッチとなるこの一戦で、森保一監督はどんなメンバーをピッチに送り込むのか。予想していく。

 システムはこれまでと主戦として用いてきた3-4-2-1だろう。これに今回のメンバーを当てはめていく。

 GKは、10月のブラジル遠征に続き、11月のコロンビア戦にも招集された谷晃生が序列的には最上位か。ただ、直接チェックする機会がなかなかないヨーロッパ組のふたり、山口瑠伊と小久保玲央ブライアンを抜擢する選択肢もある。特に山口は今年6月のトゥーロン国際大会など、これまでも度々呼ばれていて、評価は低くないだろう。
 
 ディフェンスラインは右から岩田智輝、岡崎慎、杉岡大暉と読む。11月のコロンビア戦で先発した岩田の信頼度は高いはずで、当確に挙げられる。リベロにはビルドアップ能力に優れる岡崎、左にはスタミナ豊富な杉岡か。ただし杉岡はコンディションが万全ではない可能性もあるようで、もしかすると今年9月以降に台頭してきた瀬古歩夢が起用されるかもしれない。

 ウイングバックは東俊希、福田湧矢というニューフェイスふたりが有力だ。このふたりの他には長沼洋一、鈴木冬一と絶対的なレギュラー格が不在。森保監督が、新戦力を試して、よりフィットする人材を探したいと思っていても不思議ではない。

 ボランチは森保体制発足当初から長くコンビを組んでいた中山雄太&松本泰志だろう。今回はDF登録の中山も、トレーニングでは中盤でプレーしていて、ジャマイカ戦でも本職のボランチで起用される見込みだ。今年3月のアジア選手権以来の“再結成”となりそう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ