「ナカタもプレーしていたの?」 南野拓実の参戦で、英紙がプレミアでプレーした日本人選手8人を回顧!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月26日

9人目となるサムライの挑戦

リバプール移籍が発表された南野。プレミアリーグを戦う9人目の日本人選手となった。(C) Getty Images

画像を見る

 南野拓実がリバプールに加入が決まったのを受けて、英紙『Daily Mail』がこれまでプレミアリーグでプレーした日本人選手8人の出場試合数、ゴール数、アシスト数を紹介している。

 同紙は、出場試合数が多い順に8人を掲載。トップは吉田麻也で154試合に出場し、6ゴール・2アシスト。現在もサウサンプトンでプレーしており、この記録はまだまだ伸びることだろう。

 次点は、レスターでリーグ優勝も経験した岡崎慎司で、114試合に出場して14ゴール・4アシスト。得点数は断トツだ。それに続くのが、フルアムやWBAでプレーした稲本潤一で、66試合に出て、4ゴール・6アシストをマークした。

 以下、香川真司が38試合・6ゴール・6アシスト、ニューカッスルに所属する武藤嘉紀が23試合・1ゴール・0アシスト、中田英寿が21試合・1ゴール・2アシスト、宮市亮が17試合・0ゴール・2アシストと続いている。

 最も出場試合数が少なかったのは、トッテナムでプレーした戸田和幸。4試合で、0ゴール・0アシストだった。
 

 この記事に対して、現地のサポーターも様々な意見を寄せている。

「彼らはみんな素晴らしいプレーヤーだった。でも、ヨーロッパではフィジカル面で通用していなかったように思う。ミナミノも、オカザキやカガワと同じ道をたどる」
「カガワはもう少しサー・アレックス・ファーガソンの元でプレーできていたら、偉大なプレーヤーになっていたように思う。ちなみにユナイテッドのファンだよ」
「ミナミノをバーゲン価格でゲットした。クロップはきっと彼をワールドクラスにする。そういう手腕の持ち主だから」
「成功は分からないけれど、ミナ(南野)は7.25万ポンド(約10億)とは思えないクオリティーの持ち主だ」
「とにかくリバプールは良い買い物をした、それだけは間違いない」
「今日までナカタがプレミアでプレーしたことを知らなかった…」

 プレミア史上9人目の日本人選手となった南野は、どこまで先人たちの記録に近づくことができるのか。リバプールでの挑戦に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【プレミアリーグPHOTO】冬から南野も参戦!香川、岡崎などプレミアリーグでプレーした日本人特集!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ