【識者が選ぶ2019ベスト11】福森、田中碧、仲川、朴…今季らしい11人をセレクト! MVPはゲームメイクも秀逸だった得点王に

カテゴリ:Jリーグ

西部謙司

2019年12月09日

中盤で崩しの起点となっていたサイドバックは、プレーメーカー的視点も加えて選出

西部氏がセレクトした2019年のベストイレブン。

画像を見る

 2019年らしい11人という観点で選んでみた。

 つなげて蹴れるGKが増えた今季の象徴として挙げたいのが朴一圭(横浜)。高木駿(大分)も正確なロングキックでカウンターの起点となっていたが、シュートとロングの中間距離のパスを使えるという点で、ここは朴を選出した。


 CBは広いスペースをカバーして優勝に不可欠な存在だったチアゴ・マルチンス(横浜)は外せない。左側はルヴァン杯決勝で印象的なフリーキックを決めた左足のスペシャリスト福森晃斗(札幌)。ビルドアップでの形状変化が浸透した今季は、サイドバックが中盤で崩しの起点となっていた。従来型のDF+ウイングというより、DF+プレーメーカーという視点で右に西大伍(神戸)、左に柏好文(広島)を選出したい。同種のSBとしては松原健、ティーラトン(いずれも横浜)も印象的だった。また、従来型のSBとしては、左では強力なクロスボールの永戸勝也(仙台)、右は室屋成(FC東京)が運動量、スピード、フィード力を活かして活躍していた。

 ボランチは鹿島の支柱となっていた三竿健斗、台頭した若手代表として田中碧(川崎)。技術面では大島僚太(川崎)がハイレベルで、攻守のバランスで橋本拳人(FC東京)も優れていた。ボランチ1枚なら、セルジ・サンペール(神戸)が洗練されたプレーを見せていた。ほかにもジョアン・シミッチ、米本拓司(名古屋)、杉本太郎、藤田息吹(いずれも松本)、原川力(鳥栖)など、献身的なプレーで印象に残る選手は多かった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ