番記者が選ぶ、平成の横浜F・マリノスベスト11! J1連覇メンバーに中村俊輔、川口能活の錚々たる顔ぶれ

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2019年04月30日

平成のハイライトは岡田監督時代のJ1連覇

藤井氏が選出した平成の横浜F・マリノスのベストイレブン。

画像を見る

【ベスト11選出理由】
 錚々たる顔ぶれがずらりと並ぶ。悩ましい人選となった右サイドは、J1連覇に貢献した佐藤を選出。伝統の堅守を実現でき、さらにはセットプレーで強さを発揮できる選手が揃っている。
 
 
【横浜F・マリノスの平成史】
 Jリーグ創設時の「オリジナル10」にして、鹿島とともにJ2降格の憂き目に遭っていない2クラブのうちのひとつだ。93年から今季まで27季に渡って1部に留まり、日産自動車サッカー部時代から受け継がれる名門としての面目を保ち続けている。
 
 これまでのJ1(Jリーグ)制覇は通算3回で、お世辞にも多いとは言えない。平成時代におけるハイライトは、岡田武史監督が率いていた03年と04年のJ1連覇だろう。個性的な日本人選手に加えて外国籍選手もリーグ屈指のレベルにあり、文字通りのタレント集団を誇っていた。
 
 その後のタイトル獲得は13年シーズンの天皇杯優勝だけと寂しいものだが、ピッチ外を含めた話題性や影響力は常にリーグでも屈指。その最たる例が14年にシティ・フットボール・グループと結んだ資本提携で、外資を受け入れたJリーグで最初のクラブとなった。
 
 クラブハウスの移転問題や中心選手の流出など近年は課題も少なくない。こうしたネガティブなニュースも大きく取り上げられるのは、知名度が高いクラブゆえのある種の宿命だ。令和時代は、まずはリーディングクラブとしての威厳を取り戻したい。
 
取材・文●藤井雅彦(ジャーナリスト)
【関連記事】
小野伸二がセルジオ越後氏への想いを激白!「なんなんだ、この人はって」
番記者が選ぶ、平成のヴィッセル神戸ベスト11! 三浦淳、大久保、イニエスターーファンの記憶に焼き付く名手たちを選出
番記者が選ぶ、平成の鹿島アントラーズベスト11! “常勝軍団”を象徴する11人はこのメンバーだ!
番記者が選ぶ、平成の浦和レッズベスト11! 07年ACL優勝メンバーをベースに、初の日本人得点王も!
番記者が選ぶ、平成の東京ヴェルディベスト11! 黄金期のメンバーを中心に、前線はエジムンド、フッキのセレソンコンビも

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ