31歳の生ける伝説、レバンドフスキ。ブンデスの歴史的な記録に最も近いストライカーの原動力は?【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

中野吉之伴

2019年11月28日

14分31秒で4ゴールを叩き込む!

驚異的なペースでゴールを量産しているレバンドフスキ。本人も自信に満ち溢れている。 (C) Getty Images

画像を見る

 ロベルト・レバンドフスキは、伝説を創るのかもしれない。

 現地時間11月26日、チャンピオンズ・リーグ(CL)第5節が行なわれ、バイエルンはレッドスターと対戦し、6-0で勝利。このうち4得点をたった14分31秒で叩き込んだのが、レバンドフスキだ。CLは開幕から5戦すべてでゴールを決めている絶対的ストライカーは、リーグでも好調を維持している。

 ブンデスリーガは現在12節まで消化されているが、レバンドフスキは前節の11試合までで16ゴールという驚異的な数字を残していた。開幕から11試合連続でのゴールはブンデスリーガの歴史で初。また、11節終了時に16ゴールという数字も、74年にゲルト・ミュラーが樹立した15ゴールを超える新記録だ。

 前々節のドルトムント戦後、生けるレジェンドは、ミックスゾーンの報道陣の前で、にこやかに試合と自身のプレーを振り返った。

「すごく満足しているよ。チームは今日素晴らしいプレーができた。攻撃でも、守備でもね。1対1の競り合いでも多くかったし、ゲームをコントロールすることができた。

 (監督交代から)短い時間でここまでのパフォーマンスを出すことができてよかった。多くの分野で改善することができた。もちろん、パーフェクトというところまでは来てないし、修正すべきところもある。そんななかでも集中してもっといいプレーをし、試合に勝てるようにと取り組んできた結果だ」

 それにしても、今季のハイペースぶりには目を見張るものがある。

 得点パターンも多種多様だ。サイドからのクロスをダイレクトで合わせたり、スルーパスで抜け出してゴールに流し込んだり。フランクフルト戦(第10節、1-5で敗北)では、開始早々にDFボアテングの退場で数的不利に陥ったが、単独で相手を振り切り、2点を奪われた後に、反撃の一歩となり得るゴールを決めてみせた。

 ターンの鋭さ、ボールを運びだすコース取り、相手のマークを跳ね返す力強さ。すべてが超一級品だ。さらに、得点を決めているだけではない。ボールを収め、相手をひきつけ、味方選手の攻撃を引き出すプレーにも、非常に優れている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ