【消えた逸材】ペップが太鼓判を押した「メッシ2世」。マンC移籍を境にキャリアは下降線を描き…

カテゴリ:ワールド

下村正幸

2019年11月23日

いつしかチーム内で浮いた存在になっていた

グアルディオラが見初めたバルサ時代。順調に成長を続けていたが……。(C)Getty Images

画像を見る

  有望な若手が台頭したとき、プレースタイルの似たビッグネームを重ね合わせ、「後継者」や「2世」などのフレーズを用いて期待の大きさを示すのは、洋の東西を問わない表現方法だ。
 
 ドリブルで敵陣を切り裂くプレースタイルと、その容姿が似ていることから、バルセロナのカンテラ時代に「メッシ2世」と名付けられたガイ・アスリンも、そのひとりだった。
 
 ガイ・アスリンは12歳でバルサのカンテラに入団。当初から圧倒的な才能を発揮して順調にカテゴリーを昇格し、4年後にはジョゼップ・グアルディオラ監督率いるBチームの一員としてプレーするまでに成長した。
 
「稀に見る才能の持ち主だ。ただ、まだ若い。周囲のアドバイスに耳を傾けながら、少しずつ成長していけばいい。焦る必要なんてどこにもない」
 
 当時のペップはそう評し、ガイ・アスリンの将来性に太鼓判を押した。
 
 その後も順調に成長を続け、09年夏には前年に内部昇格したグアルディオラ監督に抜擢され、トップチームのプレシーズンキャンプに帯同。10月にはコパ・デル・レイでトップチームデビューを果たす。
 
 しかし結果的に、この順調すぎる歩みが将来を暗転させる一因となる。能力への過信と逸る気持ちが、若き天才をスタンドプレーに走らせたのだ。その姿勢を、当時Bチームを率いていたルイス・エンリケが問題視し、出場機会は激減。日頃の態度も悪くなり、指揮官との関係がさらに悪化するという負のスパイラルに陥り、いつしかチーム内で浮いた存在になっていた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ