首位返り咲きのFC東京、異例のアウェー8連戦を終えて長谷川監督が感じた「難しさ」

カテゴリ:Jリーグ

長沼敏行(サッカーダイジェストWeb)

2019年11月10日

連戦終盤の3試合で3連勝フィニッシュも「終わってみればタフな試合が続いた」

磐田戦で3連勝を飾ったFC東京。アウェー8連戦を4勝2分け2敗という結果で終えた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ31節]磐田0-1FC東京/11月9日(土)/ヤマハ

 磐田戦をエースのディエゴ・オリヴェイラのPKによる1点でモノにしたFC東京。最後はほぼ全員が自陣に引いて文字通りの身体を張ったディフェンスで逃げ切り、27節以来4節ぶりの首位に返り咲いた。

 FC東京はこの磐田戦で、異例ともいえる “アウェー8連戦”を終えた。ホームの味の素スタジアムなどを使用して開催されたラグビー・ワールドカップの影響もあり、この数か月は本拠のピッチを踏むことが叶わなかったのだ。

 8連戦の結果は4勝2分け2敗。ラスト3試合を3連勝と、連戦終盤から勢いが出てきたが、この結果を長谷川健太監督はどう見ているのか。指揮官は率直に「終わってみれば、非常にタフな試合が続いたなという印象です」と話し、続けて「初めの2、3試合は何とかなるかなという甘い考えもあったんですが、やっぱりアウェーということでスタジアムの雰囲気も違うし、ホームチームの声援が大きくなるので、終盤には非常に難しい展開になることが多かったです」と、改めてアウェー戦の難しさを語った。

 難しかったのは試合展開だけではない。「移動もアウェーが続くと日程的に間隔が短く感じられて、神戸戦から勝ち始めたので良かったんですが、あれが良い結果でなければ最後まで難しい展開になる可能性もあった」とし、コンディション調整の難しさも挙げた。これにはチーム一の走力を誇る永井謙佑も「移動に大分だったり、鳥栖だったり……。大分はしんどかった」と漏らし、東京から遠方への遠征はとりわけ肉体的にも厳しかったようだ。


 最後の3連勝で星を取り戻した形にはなったが、連戦3戦目の鹿島戦での敗北から3戦勝ちなし(1分け2敗)と悪い流れが続いていただけに「あれが良い結果でなければ……」という指揮官の言葉には実感がこもる。6戦目となった神戸戦の快勝で負の連鎖を断ち切り、見事に3連勝フィニッシュにつなげた。

 結果的に首位に立って8連戦を終えた。長谷川監督は、最後に「東京を応援するみんなの力がひとつになって、何とか首位でホームに戻ってくることができた。本当に選手、クラブ、サポーターには感謝したいと思います」と、厳しいアウェー連戦を乗り切った選手やサポーターに謝意を示した。

取材・文●長沼敏行(サッカーダイジェストWeb)

【磐田0-1FC東京PHOTO】初優勝を目指すFC東京が試練のアウェー8連戦を3連勝でフィニッシュ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ