Jリーグが10月の月間ベストゴールを発表!J1は「まさにジーニアス」な一撃が、J2では日本を代表するレフティーのミドルが選出

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月09日

「トレーニングしてきた通り崩せた形でゴールできた」

第6節の川崎戦以来となる今季2ゴール目を挙げたC大阪の柿谷。見事に月間ベストゴールに選出された。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグは11月8日、10月の「月間ベストゴール」を発表した。

 J1のベストゴールは、セレッソ大阪の柿谷曜一朗が第29節のコンサドーレ札幌戦(10月18日)で6分に決めた得点だ。

 選考委員の原博実氏が「味方から落とされたボールをダイレクトでひと振り。ボールは美しい放物線を描いて、ゴールに吸い込まれていった。美しいゴール」と評した先制点で、寺嶋朋也委員は、「まさにジーニアス」と評価した。

 J2では、横浜FC中村俊輔が 第38節の東京ヴェルディ戦(10月27日)で、黄金の左足を振り抜いて決めた圧巻のシュートが選ばれた。

 このミドルによる先制点は、北條聡委員が「度肝を抜く閃光の一撃。シュートの軌道を肉眼で追えないほど。黄金の左足、いまなお健在」と評し、原博実委員が「俊輔の技術があのシュートに凝縮されている」と語った。

 J3では北九州の髙橋大悟が、第26節の盛岡戦の2分に決めた「わずかなコースを確実に決めた、アイデア光る鮮やかなゴール」が選出された。原博実委員が「右サイドゴールライン際で切り替えし、相手の逆を取り、そのまま左足でのループシュート。テクニックのアイデアも素晴らしい」と称えた。
 受賞3選手のコメントは以下の通り。

【J1】
●柿谷曜一朗(FW/C大阪)

「月間ベストゴールに選んでいただき、ありがとうございます。この試合は開始からいいところでボールを受けられていたし、流れが良かったのでゴールを狙えるかなと思っていました。最初のシュートシーンだったので、思い切ってシュートした結果、トレーニングしてきた通り崩せた形でゴールできて良かったです。今シーズンも残りわずかとなりましたが、最後まで一緒に戦いましょう」

【J2】
●中村俊輔(MF/横浜FC)

「この度、明治安田生命J2リーグ10月の月間ベストゴールに選出されたこと、大変嬉しく思います。その他にもたくさんの素晴らしいゴールがあったと思うので、自分が受賞してもいいのかなと少し思っています。今回だけに限らず、これからも皆さんの記憶に残るようなゴールを決められるように練習から取り組んでいきたいと思います。そしてチームをJ1昇格へと導けるよう頑張っていきます。応援よろしくお願いします」

【J3】
●髙橋大悟(MF/北九州)

「このような賞をいただけて嬉しいですし、初めてのことなので忘れられないものになると思いますし、また取れるように頑張りたいです。ゴールについては、試合の立ち上がりだったので思い切ってシュートを打った結果、入ってくれてよかったと思います。残り試合も昇格・優勝のために全力で頑張りたいと思います!」

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ