【J1採点&寸評】横浜4-2札幌|キレ味抜群!独走ドリブルで魅せた横浜のアタッカーをMOMに!2得点のエリキも最高点の評価

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2019年11月09日

横浜――立ち上がりの2得点で圧倒的優位に!

【警告】横浜=畠中(90+4分) 札幌=L・フェルナンデス(45分)、菅(66分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】仲川輝人(横浜)

画像を見る

[J1リーグ31節]横浜4-2札幌/11月9日/ニッパツ三ツ沢球技場
 
【チーム採点・寸評】
横浜 6.5
早い時間帯に2点のリードを奪ったことで圧倒的優位に。その後も積極的なプレスとテンポの良いポゼッションで度々チャンスを作り出して4得点。今季初の4連勝で2位に浮上し、残り3試合でいよいよ頂点が見えてきた。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
1 朴 一圭 6.5
後半立ち上がりのビッグセーブが最大の見せ場。至近距離からのヘディングを弾き、リフレクションボールへの反応も早かった。
 
DF
27 松原 健 6
相手の背後を突く必殺パスで得点をお膳立て。終盤、懸命にオーバーラップしてからのクロスは惜しくもマテウスに合わず。
 
13 チアゴ・マルチンス 6.5
存在そのものが守備戦術といっても過言ではない。圧倒的なスプリント能力でスペースをカバーし、相手を意気消沈させた。
 
44 畠中槙之輔 5.5
ジェイやA・ロペスとの競り合いは互角以上に渡り合った。しかし得意の球出しで不用意なミスが目立ったのはいただけない。
 
5 ティーラトン 5.5
得点には関与せずとも、持ち前のパス能力でチームのポゼッションに一役買った。一方、守備では、相手が最終ラインの背後を狙ってきたこともあり、やや苦戦傾向。ハイボールの処理で後手を踏み、厳しい状態で1対1を強いられる局面も多かった。対人守備では力強く奪うことができる反面、あっさりかわされるシーンも目立った。
 
MF
6 扇原貴宏 6
試合が終わる直前までアグレッシブな姿勢を貫いた。彼らしくないミスはあったが、ファイティングスピリットでカバー。
 
8 喜田拓也 6.5
リードを奪って気が緩んだのか、周囲は凡ミスを連発。しかし主将であるこの選手だけは最後までアラートさを保ち続けた。
 
9 マルコス・ジュニオール 6(84分OUT)
本来のキレとは程遠くてもPKで今季15点目。この試合では二度のゴールパフォーマンスを披露し、気分は絶好調のようだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ